「誰か」のことを意識するのはもっと先でいいのではないか

You are here: