ハーブのワークショップを行いました

先日の11/22に今住んでいるシェアハウスにてワークショップを行いました。

自分自身も卒業生である「田舎フリーランス養成講座」の講師としてです。

かつては受講生側だったので、なかなか思い入れのふかいワークショップになりました。

 

田舎フリーランス養成講座はその名の通り「フリーランス」として独立して働くためのスキルを学びます。

基本的にはWebが中心なのですが、田舎という立地を生かしたワークショップも取り入れています。

日々の学びでちょっとお疲れの受講生向けに、ハーブを日常に活かす方法について話させていただきました。

 

内容としては

  1. ハーブについての話
  2. サシェ(香り袋)つくりワークショップ
  3. せっけんつくりワークショップ

の3部構成です。

 

いきなりワークショップにいかずにちょっと説明を挟んだのは、ハーブにあまりなじみがない人もいるかもしれないと思ったからです。

ハーブとはそもそもどんなもので、どう活用するのか?

それに加えてワークショップで使う「エッセンシャルオイル」や「ハーブチンキ」の話をしました。

 

それが終わったら本番のワークショップに入ります!

 

「サシェ」は自分の好きな香りを持ち運べる小袋のことです。

香りや集中したり、リラックスしたりできるので、気分転換に使えます。

いくつかエッセンシャルオイルを用意したので、好きな香りを選んでもらいました。

「せっけん」つくりも素地があれば自宅でも作れます。

ハーブチンキと砕いたローズマリーなどを使いつつ、型にいれて完成させました。

1週間ほど乾燥させれば使えます!できあがりが楽しみです。

 

いずれはつくり方などもレシピとして公開しようと思います!

参加してくれた方ありがとうございました!

 

12/10にイベントを行います!

12/10に千葉県の金谷にてイベントを行うことにしました!

 

前回は個人的な企画でしたが、今回は所属しているコワーキングスペースの仲間3人との合同企画になります。

その名も「オーガニックフェスティバルです」

 

それぞれの得意分野を生かしつつ、美容や健康や日々の生活に役立てる企画にしようと考えています。

 

内容についてはフェイスブックページにも書いたので、ぜひ参照してもらいたいです。

https://www.facebook.com/events/304430446723413/

 

以下イベントの詳細です。

お待ちしておりますので、お気軽にご参加ください!

 

【日時】  12/10(日)
開始 10:00
終了 16:00


【予約方法】
Facebookページの参加ボタンを押してください。
※栄養講座に関しては事前に準備が必要なため、受けることを決めている方はこちらのコメントなどでお知らせいただけると助かります。

オーガニックエステとハンドマッサージ、ロミロミマッサージに関しては予約ボードを設置しておくので、当日にお好きな時間を予約していただきます。


【場所】  「VOIDO」(保育園の隣の新しい木造の建物です)
千葉県富津市金谷2221-3
JR浜金谷駅から徒歩5分


最寄りの浜金谷駅からのルート

https://www.google.co.jp/maps/dir/浜金谷駅/〒299-1861+千葉県富津市金谷2221−3/@35.1674287,139.8207497,17z/data=!4m14!4m13!1m5!1m1!1s0x60181af1bbfb32ab:0xfc8472ca0be3da5c!2m2!1d139.822254!2d35.168132!1m5!1m1!1s0x60181af03b95740f:0xf5616e6f30f5d8fa!2m2!1d139.8231516!2d35.1667845!5i1


【会費】
オーガニックエステ(30分)1500円
ハンドマッサージ(15分) 500円
ロミロミマッサージ(30分) 1000円
ハーブ診断(15分+お土産付き) 1000円
栄養講座(サラダ付き) 1200円


【主催者プロフィール】

・太田知奈美(オーガニックエステ&ハンドマッサージ担当)
1993年7月4日生まれ、鳥取県出身。
大阪に6年すんだのち、キャリーひとつで旅する生活をしようと地方を転々とする。
2017年11月より金谷に移住。
敏感肌に悩む人たちに、自然なものだけでできた本物のオーガニックエステの良さを、もっと伝えて行きたいと思っている。


・林智世(ロミロミマッサージ担当)
1984年兵庫県生まれ
今年の2月に金谷に移住。
現在、金谷を中心にハワイアンマッサージやチーズケーキ販売など
“小商い”で生きる暮らしを実践中。


・山田穂高(ハーブ診断担当)
1987年鎌倉生まれ。
花屋でのサラリーマン生活を経て、その人に合ったハーブを見つける「ハーブ診断」という仕事をフリーで始める。
2017年の6月から金谷に移住。コワーキングスペースの片隅でハーブ屋を営みながら、もっと心に関わる仕事がしたいと模索中。禅や瞑想が好きです。


・圓岡由衣(栄養講座担当)
1992年6月10日生まれ。大阪府出身。
管理栄養士。
予防栄養を広げるためトータルヘルスカフェ【maruocafe】を運営中。
心も体も元気になる場所作りを目指して活動中。

10/14(土)に千葉県の金谷にてイベントを開催します!

こんにちは。

 

いま住んでいる千葉県の金谷にて、10/14にイベントを開催することにしました!

 

「自分に合うハーブティーを探して楽しむ会 vol.01」です!

Facebookイベントページはこちら

 

お世話になっているシェアハウスにて行います。

ご都合がつくかたはぜひお越しください!

 

イベント内容

ハーブティー

 

Facebookページに細かい詳細などは書いていますが、「Workshop」と「ティータイム」の2部構成を予定しています。

午前中はハーブに関する説明をしつつ、簡単なテストを受けてもらいながらそれぞれの体質に合ったハーブを探していきます。

 

実際にお茶もお入れするのでそれを楽しんでもらいつつ、ハーブのお菓子などをお出しします!

 

午後の2部目は午前中に見つけた相性の良いハーブを含めて、各種のハーブティーを飲み比べてもらおうと思っています。

ドライのみでなくフレッシュな生の葉っぱから出したハーブティーも入れる予定です!

 

また、とても料理の上手い同居人がお昼ご飯に「カレー」と「チーズケーキ」を作ってくれます!

それらを楽しんでもらいつつ、まったりとしてもらおうと思っています。

 

金谷の街の魅力

金谷の海と山

 

千葉県の富津市にある金谷は、海と山に囲まれたとても良い所です。

気軽に歩いていける距離に「鋸山」という観光名所があり、外国人の方もよく訪れます。

 

海産物が有名でとくに「アジフライ」は美味しいです。

 

コワーキングスペースの「まるも」を中心に会社から独立してフリーランスとして働いたり、起業している若い人が多くとても面白い場所です。

 

イベントは今後も継続していく予定ですが、金谷とてもオープンで誰でも歓迎という雰囲気があります。

新しい働き方を探している人にもおすすめです!

 

久々に地元に戻って感じたこと

こんにちは。

ハーブカウンセリングにお店「さなぎハーブ」を運営しています。ホダカです。

 

先月から千葉県の金谷に移住していたのですが、地元の青梅に帰省しました。
用事もあるので近いうちに戻ろうと思いつつ、仕事におされて延期になっていたので帰れて良かったです。

 

フェリー経由で4時間くらいかけて自宅へ。
青梅もあいかわらず穏やかで住みやすいなと感じます。

 

そして久々に金谷を離れたら、いろいろと思うところがありました。

 

 

 

①同じ場所に居続けるとマンネリになる

金谷はとても良いところですが、ずっと同じ場所で同じ人に会って同じ仕事をしているとマンネリ化します。

知らず知らずのうちに何だかエネルギーが奪われていることに気づきませんでした。

 

 

やっぱり風通しは大事です。心地よい環境だからとそこに居続けると、変な依存心がわいたり人間関係のしこりのようなものを感じてしまう・・・。

週に一度くらいは金谷から離れて、いろんな場所で人と交流したいです。

 

 

②ハーブの仕事をしたい

金谷ではライターの仕事を多くしています。それが軌道に乗ったら好きなハーブの仕事をしようとしていましたが、何だか欲求不満がたまっていたようです。

 

もともとお金を稼いだり数字を追うこと自体にあまり興味がないので、そればかりだと疲れてしまう・・・。

 

忙しいからと先延ばしにせずに、金谷に戻ったらハーブの仕事も復活させます。

 

たぶんそっちを頑張るからこそ、ライターでも精力的に活動できるはずです。

 

 

③強く生きねば

わりかし楽しい日々を過ごしていたからか、自分のなかでハングリー精神がちょっと抜けていました。

 

周りの人や環境が自分を変えてくれるという甘えが出てきていました。

 

自分の人生を切り拓くという気概をもって、明日から過ごしていきます。

 

 

気分はミスチルの「I`ll be」

 

 

久々に自宅の庭を手入れしながら

 

 

 

看板の設置

金谷の山に看板を立てる

こんにちは。

ハーブカウンセリングのお店「さなぎハーブ」を運営しています。ホダカです。

 

夏も本格的になってきました。

山は近いので朝晩は涼しいですが、昼間は暑くて外を歩く気力がなくなってきます(-_-;)

 

金谷に移住して一ヶ月半ほどが経ちました。

フリーランスとして日々の仕事に追われつつも、楽しく穏やかな日々を過ごしています。

 

 

人生で初めて看板を立てる

看板の設置

 

この金谷にきてからいろいろやりましたが、昨日は一番意味のあることをしました。

看板の設置です。

 

今お世話になっているシェアハウスのが金谷の町おこしに関わっているのですが、そのお手伝いで看板を立てるボランティアをしました。

 

「鋸山」という金谷では有名で、たくさんの外国の方も訪れる山があるのですが、その中腹に「観月台」という場所があります。そに穴を掘って設置しました。

 

看板の設置

 

完全に手作業です。文明の利器などありませんw

しかも土は表層だけで、すぐ下からは石の層になります。

 

柔らかいので鉄の棒などで砕けますが、シャベルの類ははじかれます。

もはや穴を掘るというよりも、削岩でした・・・。

 

看板の設置

 

3人で交代しながらひたすら掘りました。

途中で手の皮がむけるというアクシデントがありつつも、掘ること1時間くらい。

ようやく40cm近い穴ができ、看板を立てられました。

 

看板の設置

 

実際の画像です。

疲れました・・・。

 

 

看板という爪痕を世界に残す

 

生まれて始めて看板なるものを立てたのですが、なかなか良い気分でした。

これが何十年と残ってこの地で誰かに見られたり、道しるべになるのかと思うと粋なことをしたなと感じます。

 

なんかこう充実感ていうのはささやかなもので、しかも案外手作りできるんだなと思いました。

 

とりあえず来月あたりの台風で倒れないようにと祈ってます。

 

麗しき田舎フリーランス養成講座の日々 2017年6月

 

こんにちは。

ハーブカウンセリングのお店「さなぎハーブ」を運営しています。ホダカです。

 

ブログの更新がものすごく久しぶりになってしまいました。

実質一ヶ月ぶりくらいでしょうか。

 

6月は田舎フリーランス養成講座に一ヶ月参加していました。

その日々について綴ろうと思います。

 

 

田舎フリーランス養成講座について

千葉県の金谷にて行われている、フリーランスとして活動するための様々なノウハウを勉強する講座です。

およそ1か月(4週間)合宿形式で泊まり込んで勉強し続けます。

公式ホームページ:http://inaka-freelance.jp/

 

フリーランスとして活動する中でもっと多くのことを学びたいなと思い参加しました。

 

 

コワーキングスペース「まるも」

 

この田舎フリーランス養成講座(通称いなフリ)の舞台になったのがコワーキングスペース「まるも」です。

ここでメンターという担当者がつき、自分の目標を定めながら勉強を進めていきます。

 

何が良かったかと言えばここがとんでもなく居心地がよかったです。

みんなノリもよいのだけどへんな「同調圧力」のようなものもなくて、一人でいてもみんなでいても自然体でいられました。

 

人によっては驚くほど稼いでいるけれど上下関係はほぼなく、フラットな間柄です。

 

この空気がとても心地よくて、もう会社員に戻りたくないと思ってしまいましたw

 

 

出会い

 

この場所でいろんな人達と出会いました。

一緒に講座を受けた「田舎フリーランス養成講座 9期生」のみんな(10人)をはじめ、コワーキングスペースを運営している方々、一ヶ月付きっきりでいろいろ教えてくれた講師陣とメンターの方々、移住してきてこっちでフリーランスしている人たち、数え切れないほど多かったです。

 

みんなけっこう若いのだけれど普通に海外を渡り歩いていたり、バリバリ仕事していたりとアクティブでした。

 

そんな出会にとても刺激を受けました。

 

 

目標とやっていたこと

田舎フリーランス養成講座の中では「ライティング」を頑張っていました。

当初はWebによる発信力や集客力を鍛えようと思っていましたが、文章力を伸ばすと同時にライスワークも兼ねれるのでこの一ヶ月はライティングで成果を出そうと決めました。

 

一ヶ月でクラウドソーシング経由で7万円文の売上を上げることを目標にひたすら書いて、4週間でぎりぎり達成できました。

途中でけっこう苦しくなりましたが、ちゃんと数字を出せたことは自信にもなりました。

 

 

リア充な日々

日々の勉強も頑張っていましたが、わりと遊んでもいました(-_-;)

 

みんなで毎日ワイワイご飯を食べ、

 

バスケしたりスラックラインという変わったスポーツをしたり、

 

海辺でギターを弾きながら歌ったり、

 

花火をしたりと大学生以来の青春な日々だったと思います。

 

金谷への移住

 

そんな日々がとても楽しくて、かつまだまだ勉強したいと思ったので東京から移住することにしました。

いまも「まるも」で日々みんなから刺激を受けながら仕事しています。

 

正直こっちに移住しようとは考えていなかたので、これからのことはまだ考え中ですがいろいろ楽しみです。

金谷は多くの魅力がありますがまだ楽しめてないので、いろいろ探索もしたいです。

 

 

これから

今後はライターとして活動しながらも、本業である「ハーブ屋」のほうも伸ばしていく予定です。

・・・でもしばらくはのんびり気ままに暮らしたいとも思ったり。

 

ここにいると毎日のように新しい人がやってきてはイベントも行われるので、常に旅をしているようです。

 

そんな素晴らしい場所に出会えたことに感謝しつつ、一歩づつ進んでいきます。

 

 

クルクマ

自分の価値を自分で下げてしまわないように

 

こんにちは。

ハーブカウンセリングのお店「さなぎハーブ」を運営しています。ホダカです。

 

「田舎フリーランス養成講座」に参加するために千葉県の金谷に来ています。

 

金谷は海も山も近い、自然の豊かなよい街です。

今は新緑の時期でもあり、山がとてもいきいきしています。

 

 

クルクマ

 

クルクマが咲いていました。

淡いピンクが可憐な色合いです。

 

 

親子丼

 

夕飯は受講生のみんなで作って食べています。

冗談みたいな量の親子丼。

 

 

 自由で厳しいフリーランスの道

 

日々新しいことを学び、吸収してはアウトプットをしてという濃密な時間を過ごしています。

 

フリーランスは文字通り自由な身です。

いつどこで何をするのも自分次第です。

 

 

ですが自由すぎるがゆえに、自分で生きる上でのモノサシを持ちあわせていないと曖昧なまま日々が流れていってしまいます。

 

会社に勤めていた頃は自分ができているのかできていないのかの基準がはっきりあり、やった行動に即時評価が下されました。

 

 

いま振り返るとそういう環境は窮屈でありつつも、楽で守られていたのだなと強く感じます。

 

 

 自分の価値を安く見積もってしまっているのは「自分自身」

 

ひとたびフリーランスの世界に飛び出ると、わからないことだらけでふと不安になることもあります。

 

できないことも勿論あって、つい自虐的な気分になることもありますが、それってよく考えると自分で自分を痛めつけているだけな気がします。

 

他人や社会から低い評価を押し付けられているわけではない。

 

金谷の海

 

「できない自分はダメだな」と卑屈になったり、「〇〇だから仕方がない」と何かのせいにせずに、良いとも悪いとも判断せずにただ「できない」という現実を直視すること。

 

それが自分で自分を苦しめる負のスパイラルから解放して、次に進むためのエネルギーになるのではないかなとこの日々のなかで感じています。

 

それでは!

 

島と雲

鏡である自分は決して傷つかない、ただ映すだけ

こんにちは。

 

オーダーメイドハーブのお店「さなぎハーブ」を運営しています。

ホダカです。

 

今日はまた座禅を組みにお寺にいっていました。

海が近くにあるお寺なので、向かう前に浜辺で軽食をとろうと思っていたら、なんとトンビにハムカツをさらわれました。

 

完全に想定外のことなのでビックリです。
今度からは空にも気を配らねばなといい教訓になりました(-_-;)

 

 「鏡」である私はただ映すだけ

 

今日学んだことについて、書き留めておこうと思います。

 

「禅」については今後も精力的に続けていくので、できるだけ記事にしていこうと考えています。

 

ただ体験することが重要であり、自身も初学者なのでまさしく「如是我聞」(私はこう聞いたよ)という感じになってしまうかもしれませんが。

 

 

「意識」の仕組みについてのお話でした。

 

これは例えであるのですが、私のことを滝つぼの近くにある「鏡」と置き換えたとします。

 

意識とは次々と落ちては流れていく膨大な水(感覚が捉える情報や、思考)が、私という鏡に映るようなものであるらしいです。

 

それはものすごいスピードで移り変わっていくので、今映ったものも一瞬後には過去になって影も残らずに消えてしまいます。

 

 

なのにたった一瞬だけ映ったネガティブなものに、むやみに執着してしまうようなところが私たちにはあるそうです。

 

「あの人があんなこと言った」とか。

「失敗してしまった、これからどうなるだろう」とか。

 

けれどそれは膨大なもののなかの一つでしかない。
例えば心地よい風が肌を撫でるような感覚と同じでしかない。

 

 

たとえ誰かから批判されても、

もし自分のことをダメだと否定してしまっても、

 

それは単に束の間に「鏡」に映ったに過ぎない。

 

 

またどれほど汚いものが映ろうと、きれいなものが映ろうと、「鏡」そのものは決して傷つかない。

 

ただ変わらずにそこにあって、流れては現れるものをただ映すだけ。

 

 

だから本当の自分(鏡)はどんなことがあろうと傷つくことがない
(逆に言えば、どれほど誰かから褒められようと、自信に満ちようと、それが自分を磨くことにはならない) 

 

そんなお話でした。

 

 

それでは!

 

島と雲

体を通過する「距離」の分だけ心が自由になる

こんにちは。

 

オーダーメイドハーブのお店「さなぎハーブ」を運営しています。

ホダカです。

 

先日ブログでも書きましたが「田舎フリーランス養成講座」への参加があと3日後に迫ってきました。

 

持ち物的にも、気持ち的にも準備を進めていますが今からどうなるか楽しみです。

 

 

やりたいことはいろいろありますが、まずは変に取り繕わずに素の自分で臨みたいなと思っています。

 

 

「移動する」ことが好き


私は旅が好きです。

 

もっと正確に言うと「移動する」ことが好きなのだと思います。

 

 

旅行中に一番楽しいなと思う時は、目的地に向かっているときです。

 

その先に何があるのだろうかとわくわくしながら、知らない景色が目の前を通過していくと生まれ変わっていくような気分になります。

 

 

行った先で何をするかは実はそこまで興味がなかったりします。

 

実際に去年の夏は青春18きっぷで北海道の宗谷岬まで行ったのですが、10泊の日程の内ほとんどが移動時間でした。ただローカル列車でぐるぐるしていただけという、無意味な旅でした。

 

けれどとても楽しかったです。

 

 

 人生においてもたどり着く場所よりも、そこまでの移動が大事

それはわりと「人生」でも同じように感じています。

 

その時々で何らかの目標を見つけて、ときには押し付けられて、決めさせられて生きていきますが、私は正直その結果どこにたどり着くかはどこでもいいと思っています。

 

 

その道中が楽しければいい。そこ何らかの意味はなくてもいい。

 

 

だから何かをやっているときに誰かから「何がしたいの?」、「結局どうなりたいの?」、「それに何の意味があるの?」と聞かれるとなかなか言葉にできずに困ってしまうことがあります。

 

 

自分のなかの衝動に突き動かされているだけでしかない。。。というのが本音ですがそういうわけにもいかないときがあるので、苦労しながら言葉で表現したりします。

 

 体を通過する「距離」の分だけ心が自由になる

けれど根っこにあるのはそんな本能のエネルギーの塊のような物で、それに身を任せるとガンガン体は動いていく。

 

 

その結果見えてくるいろんな景色が心をのびやかにしていくという点では、旅と共通するのかなと思います。

 

 

来週から始まる「田舎フリーランス養成講座」でも、新しいものがみえることを期待しています。

 

 

それでは!