九品仏での寄り道|祈る場所が必要なこと


こんにちは。

オーダーメイドハーブのお店「さなぎハーブ」を運営しています。ホダカです。

 
3月に入り、日が暮れても空気が柔らかくなってきたように思います。
この春のちょっと手前くらいの雰囲気がとても好きです。

花粉症もちの方にはなかなかつらいい季節のようですが(-_-;) 

■ 九品仏で寄り道

昨日は自由が丘に行っていました。
前職の頃はときどき仕事で訪れていましたが久しぶりです。

遊びにいっていた・・・というわけではなくレンタルスペースの下見です。
今度自主的に料理&お茶会を開こうと思っているので、開催場所をいろいろ調べています。

レンタルスペース 内装

企画を進めるのは楽しいなと思います。

そしてその帰りにふらっと目に入った九品仏(浄真寺)で寄り道しました。

ここがすごく良かったです!

小京都のようで、都内にこんな場所があったのかと思いました。

九品仏

 参道 なんとなく出雲大社を彷彿とさせます。あそこはスケールが桁違いですが・・・。

九品仏
 
その名の通り9体の仏像が置かれています。

九品仏 松

 なかはけっこう広くて、穏やかな空気が流れています。

■ 祈る場所の必要性

ここだけに限りませんがお寺は様々な祈りや願いがふきだまりのような場所だからか、澄んだ空気が流れているように感じました。

やっぱりこういう場所が人間には必要なのだなと思います。

慌ただしい日常に流されてしまうと、なかなか心を鎮めたり、思い煩うことを振り切ったり、何かを受け取る勇気を持つことができない。

だからこそ日本全国に神社仏閣はあるのではないかと思います。

たまには実質的で意味のあることばかりをしている日常から離れて、お寺巡りなどをするのもいいかなと思う今日この頃です。

九品仏から見た空