女性の存在は場所を和平にする


こんにちは。

オーダーメイドハーブのお店「さなぎハーブ」を運営しています。ホダカです。

 

花壇にイベリスが植わっていて、その中央にヒヤシンスが鎮座しているのをみかけました。

この時期は歩いて花を探すだけで楽しいです。

 

イベリスとヒヤシンス

最近わたしのまわりで話題になっているので、「男性性」と「女性性」について考えることが多いです。


それについて昨日twitter上に女性の存在、というより女性性が職場の雰囲気にとても影響するというようなことについて連続投稿したのですが、それを一部修正したものをブログにも書いてみます。

 

女性の存在は場所を和平にする

あくまで男性目線かもしれませんが、「女性の存在は男性の精神をとても安定させる」と感じることが最近多いです。

 

もちろんケースバイケースですが、男ばかりの集団はどうにも陰気で不機嫌になりがちな傾向があるなと思います。

 

友達とかならそうでもないですが利害の絡む職場だとそれがよく表れて、男ばかりの会社だとイライラして怒号が飛んだり、愚痴や悪口があちこちで起こっているのをたまに見かけます。

 

もちろん決めつけはできませんが、女性がいるところはそういう面が少なくて安定感を感じることが多いです。

 

 

個人的な意見ではありますが、

男性は
「意識的で外で起きている実質的なこと」の調和を図るように動くのに対して、

女性は
「無意識的で内面に起きている抽象的なこと」の調和を図るように動く傾向がある

 

ように思えて、それが関係しているのではと思ったりします。

 

 

男ばかりしかいないと組織のシステム(実質的)としては機能するけれど、精神的な部分(抽象的)が置き去りにされて、何だか気持ちが不安定になっていることがあるんじゃないかと感じます。

 

逆に女性ばかりな組織だと何だか水面下のやりとりが多くなるような気がします。

 

それと外身のことがおざなりになって、極端に言えば「利益もあがってないし、毎日残業だけど仲良く楽しくやってるからいいよね」というような空気が醸し出されるようなときがあるように思います。

 

あとやや蛇足ですが、男性は何かを説明したり共有したりする能力や意思が、女性に比べて圧倒的に低いと感じます。

 

体育会系の組織だと新しい人をすごく雑に扱って「嫌ならやめろ」という感じを出して、それをどこか職人的に誇っているような雰囲気を受けるときがあります。

 

傍から見るとただの伝達努力不足ではとも見えたりしますが・・・。

 

 

そんな風に得意分野はやっぱり分かれているのかなと思ったりします。

 

これは内的なことなので、実際の性別というよりも精神的なもの「女性性」の分量が影響しているように思います。

 

男性が多くても「女性性」のある人が多ければそれほど不安定にはならないし、あとは事業の内容が「女性性」を含んでいるとそこまで乱れない気がします。

 

 

例えば「宿屋」みたいな業種はとても女性的であると思います。

 

なのでこの飛び込んでみた場所は平和かなとチェックするときには、その場に「女性性」がどれくらいあるかを考えることが多いです。

 

このへんは好みの問題ではあるのかなと思うけれど、個人的には「女性性」と「男性性」の割合が8:2くらいのところが居心地がいいと感じます。