春になったのでハーブたちを植え替える その3|スイートフェンネル

こんにちは。

オーダーメイドハーブのお店「さなぎハーブ」を運営しています。ホダカです。

 

今日は嵐のような天気から始まり、昼過ぎからは一転夏のようになるという世紀末的な天気でした(-_-;)

ちょっと体が驚いたのか調子もイマイチな気がします。

 

スイートフェンネル

今日取り上げるのはスイートフェンネルです。

スイートフェンネル

このネコジャラシのような新芽がとてもかわいいと思います。

 

【セリ科】

【苗の植え付け期】・・・春季(4月~5月)、秋季(9月~10月ただし春の方がいい)

【肥料】・・・生育期に追肥

【収穫】・・・葉っぱは通年、9月から10月には種が収穫できます。

【環境】・・・明るく風通しの良い場所

【耐寒性】・・・やや弱め。室内がいいが5℃以上なら戸外でも

【弱い病虫】・・・ハダニ、イモムシなど

【利用法】・・・魚の匂いけし、ハーブティー

 

茴香(ウイキョウ)とも言われ、歴史の古いハーブです。スイートフェンネルが最も一般的なもののひとつですが、フローレンスフェンエル、ブロンズフェンネルなどの種類があります。

 

繊細で細やかな葉っぱ。上に成長するのでうまく育てれば1m以上になります。

胃痛、消化不良、便秘、利尿作用、風邪など多くの薬効があると言われています。

 

料理(特に魚介類)との相性がいいハーブです。お茶などにも利用されます。

 

銅葉のブロンズフェンエルなどはカラーリーフとして鑑賞用にも利用されるので、ガーデンの彩りとしても使っていきたいです(*’▽’)

 

春になったのでハーブたちを植え替える その2|レモンバーム

こんにちは。

オーダーメイドハーブのお店「さなぎハーブ」を運営しています。ホダカです。

 

5/3(水・祝)に開催予定の料理&ハーブティーの会に向けて、内装やメニュー、お土産などを考えつつ過ごす日々です。

 

企画は準備に少し労力がいりますが、とても楽しいなと思います。

まだ3名ほど空きもあるので、よろしければ是非お越しください。

 

メニューなどの詳細⇓
https://www.facebook.com/events/302328056848266/
 

レモンバーム

昨日のレモンタイムに続いて今回は「レモンバーム」です。

レモンバーム


【シソ科】

【苗の植え付け期】・・・春季(3月~5月)、秋季(10月~11月)


【肥料】・・・春季(3月~5月)


【収穫】・・・年中可

【環境】・・・明るい場所がいいが半日陰でも可、やや湿った場所を好む

【耐寒性】・・・強い。ー5℃くらいまで耐えるので特に対策が要らない

【弱い病虫】・・・オンシツコナジラミ、うどんこ病

【利用法】・・・ハーブティー、ポプリなど

 

一番最初に育て始めたハーブのひとつで、思い入れがあります。
簡単に育てることができるので、普段はあまり園芸をされない方にもおすすめです。

 

ハーブの育て方は種類によって違いますが、基本的な育て方は通じるところがあるので、
まずはこのレモンバームやミント、タイムといったハーブから育て始めるのがいいかなと思っています。

 

とても成長力が強く他のハーブでは育ちにくい、日当たりや風の通りが弱めのところでも
非常によく育ちます。

むしろあまり放置すると生い茂って管理しにくくなるので、こまめに収穫や剪定をした方がいいです。

 

定期的に摘心(新芽を摘むこと)して、弱った葉っぱとるなどメンテナンスをまめにやると、
もりもり増えていきます。

冬場でなければ挿し木でも簡単に根づいて、無限に増やせそうなできそうな気がします。

 

病気にも強いですが、風通しが悪いとうどん粉病にかかったり、葉の先が黒くなったりしてしまいます。

 

利用法はハーブティーなど。

鎮静作用や神経の疲れを取る、発汗、消化促進などの効果あり。
妊婦さんは控えた方がよいらしいです。

 

一回ドライにもしてみましたが、レモンの風味がやや弱くなります。フレッシュでの方が爽やかなレモンの感じがよく残ります。手入れし続ければ年中収穫することもできます。

 

レモンバーム

ハーブの魅力がわかりやすい種類でもあるので、初めての方にもよくおすそわけしたりしています(^^)/

 

春になったのでハーブたちを植え替える|レモンタイム

こんにちは。


オーダーメイドハーブのお店「さなぎハーブ」を運営しています。ホダカです。

 

お店のホームページの方をアップしました。

お仕事で作成したハーブセットの内容についてです。

ハーブセット画像

詳細は右から→http://hodakaherb.xyz/works_newset/

 

レモンタイムの植え替え

 

えー、今日は先日の勉強会で学んだ「自分にあったハーブの探し方」について書こうと思ったのですがまとめきれませんでした_| ̄|○

 

ちゃんと整理して連載形式でアップしたいと思います。

 

そのため「レモンタイム」について。

レモンタイム

暖かくなって堰を切ったように植物たちが育ってきています。

 

自宅で栽培しているハーブも全般的に植え替えつつ手入れしています。

 

「タイム」も4種類そだてているのですが、そのうちの一つ「レモンタイム」です。

 

タイムはシソ科のハーブで、ローズマリーなどと並んで料理に使われることの多いハーブです。

その名前の通り甘さのある柑橘系の香りがします。

 

タイムは育てやすいものが多いですが、なかでも特に強い印象があります。

写真のようにぐんぐん育つ。

 

クッキーなどにいれてもいいので、収穫したらいろいろ使ってみようと思っています。

 

水出しハーブティー|ペパーミント

こんにちは。

オーダーメイドハーブのお店「さなぎハーブ」を運営しています。ホダカです。

 

今日はとても暖かい日でした。

庭の手入れもとてもはかどって良い感じです。

 

これでけっこう整理もできたので、新しいハーブの育成にいそしもうと思います。
ひとまずは「バジル」、「ヒソップ」、他にもいろいろと育てたいです。

 

水出しのハーブティー

先日「オレンジミントのハーブティー」をについての記事をアップしたのですが、それはお湯出しだったのですが、今回は水出しです。

 

同じくフレッシュなハーブを使うのですが、お湯出しは熱湯で3分くらいつけてさっと出すのに対して、水出しは一晩くらいかけてゆっくりと出します。

 

お湯出しよりも風味が薄くでるので、まろやかで飲みやすい口当たりになります。色も透明のままです。

 

以下作り方

 

  1. ハーブを収穫します。摘んだハーブはよく水洗いして土やほこりを払います。
  2. ティーポットの中に水といっしょにハーブを入れて、一晩くらい常温で置きます。冷蔵庫などにいれてしまうとミントの風味が移りにくくなるので常温がいいです。
  3. ハーブを取り出してできあがり!


IMG_20170415_165041

↑は出しているところ。

 

冬の間は収穫できませんでしたが、次から次へと成長しているので嬉しいです。

明日は先日の勉強会で学んだ「自分にあったハーブの探し方」について書こうと思います。
 

多肉植物の寄せ植えつくり

こんにちは

オーダーメイドハーブのお店「さなぎハーブ」を運営しています。ホダカです。

 

先日上野公園で散歩をしたのですが、桜も咲いていましたが「シャガ」もきれいに咲いていました。

 シャガ

この時期はどうしても桜に目がいきがちですが、他の野草たちも見逃さないようにしたいなと思いながら歩いています。

 

多肉植物の寄せ植えつくり

いまお仕事で「多肉植物の寄せ植え」を作っています。

多肉植物

これらが仕入れた多肉植物たちです。

 

青みがかった緑のものでまとめて、寒色系の寄せ植えをつくるつもりでいます。

インテリアとして使っていただく予定なので、器も話し合いながら決めています。

 

いいものに仕上げたいです!

 

春の野草たち


こんにちは。

オーダーメイドハーブのお店「さなぎハーブ」を運営しています。ホダカです。

 

今日は春の野草、花の写真を並べてみます。

朝晩も暖かくなって、いよいよ本格的な春だなと思います。

つくし

「つくし」

ハナニラ

「シャガ」

ハナニラ

「ハナニラ」

カラスノエンドウ

「カラスノエンドウ」

ヒメオドリコソウ

「ヒメオドリコソウ」

ホトケノザ

「ホトケノザ」

カキドオシ

「カキドオシ」

あとは野草ではないですが、、、

ジンチョウゲ

「ジンチョウゲ」

サクラ

「桜」

もっと図鑑みたいに本格的に集めて記事にするのも面白いかなと思います。

明日はフリーランスを始めて思うことについて書く予定です。