はじめてイベントを企画してみての反省と感想

こんにちは。

オーダーメイドハーブのお店「さなぎハーブ」を運営しています。ホダカです。

 

自主的に企画したイベントに関する内容の記事を昨日あげたのですが、その続きです。

記憶が新しいうちに反省を洗い出しておこうということで、友人と連絡をとりあってリストアップしました。

 

各項目について改善案を出し切れていないところもあるのですが、軌跡を記録する意味も兼ねて。

ちょっと舞台裏の話になります。

 

  1. 日程と場所
  2. 集客
  3. 当日の段取り
  4. 会場
  5. コンセプト
  6. 全体の感想

 

1、日程と場所

・5/3というGWの初日に設定してしまったので集客が難しかった。
→大型連休より、普通の週末に開催日を決めたほうが良いと思われる。

・中野という場所と今回お借りした「中野コミュニティクラブ」さんは非常に良かった。

 

2、集客

・イベントの具体的なウリを伝えていなかった。


→例えば「アニメ飯」が出ます。とかオリジナルでハーブティーをブレンドするとか。そのあたりはもっと前面にだしてもいい。単純にお品書きを並べるだけでなく、どんな楽しいことがあるか何 を持ち帰ってもらえるかを伝える必要がある

 

・案内ページは作ったが写真などもなく、どんなものかイメージがつきにくい。
→雰囲気などは今回、撮った写真を使うことで伝える。

 

・全体告知しかしなかった
→もちろん広くSNSなどで募集するのもいいが、こんな人に来て欲しいとターゲットを絞り個人的 にコンタクトするなどする

 

・主催者の情報がない
→今回は知り合いを中心に8人と小規模のイベントを想定しましたが、もっと広くいろんな人を呼 ぶのであれば、主催者のプロフィールがいる。

 

3、当日の段取り

・メニューなどは考えていたがタイムテーブルは作成しておらず、お客さんにも伝えていなかった。
→会場のテーブルに「お品書き」「タイムテーブル」を用意し、イベントの流れや現在の状況をわ かりやすくする。

 

・ドリンクを出すタイミングなどが良くなかった
→一番の反省点でもあるのですが、ドリンクをもっと食前のウェルカムドリンク、食事と合うお 茶、食後のハーブティーなど用途とタイミングを考えて出せばよかった。

 

・会のコンセプトを伝えていなかった
→コメントを両人考えておき、開会(閉会)のときに述べる。

 

4、会場

・アロマが料理の香りに完全に負けていた。
→もしもっと良い香りを出すならスチームディフューザーなどを利用する。

 

・音響やスクリーンは使わなかったので、それをうまく利用しても楽しそう

 

・予算との兼ね合いでもありますが、お土産などを考えてもいい

 

5、コンセプト

・もっとイベントの核となるコンセプトがあってもいいかもしれない。
→このあたりは必ずしも一つに絞ったり、あるいは別のイベントと差別化しなくてもいいかもしれ ませんが、クオリティーをあげるためには必要だと思います。 

 

6、全体の感想

ゼロから開催までやりとげることができたのは、良かったと思います。

しかしいろいろと反省も残る初回になりました。

 

これらをふまえてもっと次回は良いものを、自信をもって提供していきます。