水に浮くカモミール

カモミールについて

こんにちは。

 

オーダーメイドハーブのお店「さなぎハーブ」を運営しています。

ホダカです。

 

カモミール

今日は「カモミール」について書こうと思います。

 

 

キク科のハーブの仲間で、小さく可憐な花をたくさん咲かすのが特徴です。

 

 

ハーブとして食用に利用するのは大きく分けて「ジャーマン種」「ローマン種」の2種類があります。



この他にも染料として利用する、花びらの黄色い「ダイアーズカモミール」などがあります。

 

「ジャーマン種」・・・一年草。より味がまろやかで、お茶などによく用いる。

 

「ローマン種」・・・多年草。ジャーマン種よりやや苦みがあるものの、よりフルーティーな香りで心身をリラックスさせる効果がある。

 

 

よく似ているので区別しにくいですが、花を縦に割ってみるとわかります。

 

カモミール

上の写真のように花の中心の盛り上がった部分の内部が、空洞になっているものが「ジャーマン種」です。

 

 

精油やバスなどにも使いますが、お茶に使われることがやはり多いと思います。

 

フレッシュは水に漬けて置くだけで風味が移って、まろやかなハーブティーが楽しめます。

 

水に浮くカモミール

透明に浮いている感じが、どことなく神聖です。

 

水に浮くカモミール

 

香りも、見た目もとても素晴らしいので、いずれ畑のような場所でたくさん育てたいハーブのひとつです。

 

それでは!