クルクマ

自分の価値を自分で下げてしまわないように

 

こんにちは。

ハーブカウンセリングのお店「さなぎハーブ」を運営しています。ホダカです。

 

「田舎フリーランス養成講座」に参加するために千葉県の金谷に来ています。

 

金谷は海も山も近い、自然の豊かなよい街です。

今は新緑の時期でもあり、山がとてもいきいきしています。

 

 

クルクマ

 

クルクマが咲いていました。

淡いピンクが可憐な色合いです。

 

 

親子丼

 

夕飯は受講生のみんなで作って食べています。

冗談みたいな量の親子丼。

 

 

 自由で厳しいフリーランスの道

 

日々新しいことを学び、吸収してはアウトプットをしてという濃密な時間を過ごしています。

 

フリーランスは文字通り自由な身です。

いつどこで何をするのも自分次第です。

 

 

ですが自由すぎるがゆえに、自分で生きる上でのモノサシを持ちあわせていないと曖昧なまま日々が流れていってしまいます。

 

会社に勤めていた頃は自分ができているのかできていないのかの基準がはっきりあり、やった行動に即時評価が下されました。

 

 

いま振り返るとそういう環境は窮屈でありつつも、楽で守られていたのだなと強く感じます。

 

 

 自分の価値を安く見積もってしまっているのは「自分自身」

 

ひとたびフリーランスの世界に飛び出ると、わからないことだらけでふと不安になることもあります。

 

できないことも勿論あって、つい自虐的な気分になることもありますが、それってよく考えると自分で自分を痛めつけているだけな気がします。

 

他人や社会から低い評価を押し付けられているわけではない。

 

金谷の海

 

「できない自分はダメだな」と卑屈になったり、「〇〇だから仕方がない」と何かのせいにせずに、良いとも悪いとも判断せずにただ「できない」という現実を直視すること。

 

それが自分で自分を苦しめる負のスパイラルから解放して、次に進むためのエネルギーになるのではないかなとこの日々のなかで感じています。

 

それでは!