久々に地元に戻って感じたこと

こんにちは。

ハーブカウンセリングにお店「さなぎハーブ」を運営しています。ホダカです。

 

先月から千葉県の金谷に移住していたのですが、地元の青梅に帰省しました。
用事もあるので近いうちに戻ろうと思いつつ、仕事におされて延期になっていたので帰れて良かったです。

 

フェリー経由で4時間くらいかけて自宅へ。
青梅もあいかわらず穏やかで住みやすいなと感じます。

 

そして久々に金谷を離れたら、いろいろと思うところがありました。

 

 

 

①同じ場所に居続けるとマンネリになる

金谷はとても良いところですが、ずっと同じ場所で同じ人に会って同じ仕事をしているとマンネリ化します。

知らず知らずのうちに何だかエネルギーが奪われていることに気づきませんでした。

 

 

やっぱり風通しは大事です。心地よい環境だからとそこに居続けると、変な依存心がわいたり人間関係のしこりのようなものを感じてしまう・・・。

週に一度くらいは金谷から離れて、いろんな場所で人と交流したいです。

 

 

②ハーブの仕事をしたい

金谷ではライターの仕事を多くしています。それが軌道に乗ったら好きなハーブの仕事をしようとしていましたが、何だか欲求不満がたまっていたようです。

 

もともとお金を稼いだり数字を追うこと自体にあまり興味がないので、そればかりだと疲れてしまう・・・。

 

忙しいからと先延ばしにせずに、金谷に戻ったらハーブの仕事も復活させます。

 

たぶんそっちを頑張るからこそ、ライターでも精力的に活動できるはずです。

 

 

③強く生きねば

わりかし楽しい日々を過ごしていたからか、自分のなかでハングリー精神がちょっと抜けていました。

 

周りの人や環境が自分を変えてくれるという甘えが出てきていました。

 

自分の人生を切り拓くという気概をもって、明日から過ごしていきます。

 

 

気分はミスチルの「I`ll be」

 

 

久々に自宅の庭を手入れしながら

 

 

 

看板の設置

金谷の山に看板を立てる

こんにちは。

ハーブカウンセリングのお店「さなぎハーブ」を運営しています。ホダカです。

 

夏も本格的になってきました。

山は近いので朝晩は涼しいですが、昼間は暑くて外を歩く気力がなくなってきます(-_-;)

 

金谷に移住して一ヶ月半ほどが経ちました。

フリーランスとして日々の仕事に追われつつも、楽しく穏やかな日々を過ごしています。

 

 

人生で初めて看板を立てる

看板の設置

 

この金谷にきてからいろいろやりましたが、昨日は一番意味のあることをしました。

看板の設置です。

 

今お世話になっているシェアハウスのが金谷の町おこしに関わっているのですが、そのお手伝いで看板を立てるボランティアをしました。

 

「鋸山」という金谷では有名で、たくさんの外国の方も訪れる山があるのですが、その中腹に「観月台」という場所があります。そに穴を掘って設置しました。

 

看板の設置

 

完全に手作業です。文明の利器などありませんw

しかも土は表層だけで、すぐ下からは石の層になります。

 

柔らかいので鉄の棒などで砕けますが、シャベルの類ははじかれます。

もはや穴を掘るというよりも、削岩でした・・・。

 

看板の設置

 

3人で交代しながらひたすら掘りました。

途中で手の皮がむけるというアクシデントがありつつも、掘ること1時間くらい。

ようやく40cm近い穴ができ、看板を立てられました。

 

看板の設置

 

実際の画像です。

疲れました・・・。

 

 

看板という爪痕を世界に残す

 

生まれて始めて看板なるものを立てたのですが、なかなか良い気分でした。

これが何十年と残ってこの地で誰かに見られたり、道しるべになるのかと思うと粋なことをしたなと感じます。

 

なんかこう充実感ていうのはささやかなもので、しかも案外手作りできるんだなと思いました。

 

とりあえず来月あたりの台風で倒れないようにと祈ってます。

 

麗しき田舎フリーランス養成講座の日々 2017年6月

 

こんにちは。

ハーブカウンセリングのお店「さなぎハーブ」を運営しています。ホダカです。

 

ブログの更新がものすごく久しぶりになってしまいました。

実質一ヶ月ぶりくらいでしょうか。

 

6月は田舎フリーランス養成講座に一ヶ月参加していました。

その日々について綴ろうと思います。

 

 

田舎フリーランス養成講座について

千葉県の金谷にて行われている、フリーランスとして活動するための様々なノウハウを勉強する講座です。

およそ1か月(4週間)合宿形式で泊まり込んで勉強し続けます。

公式ホームページ:http://inaka-freelance.jp/

 

フリーランスとして活動する中でもっと多くのことを学びたいなと思い参加しました。

 

 

コワーキングスペース「まるも」

 

この田舎フリーランス養成講座(通称いなフリ)の舞台になったのがコワーキングスペース「まるも」です。

ここでメンターという担当者がつき、自分の目標を定めながら勉強を進めていきます。

 

何が良かったかと言えばここがとんでもなく居心地がよかったです。

みんなノリもよいのだけどへんな「同調圧力」のようなものもなくて、一人でいてもみんなでいても自然体でいられました。

 

人によっては驚くほど稼いでいるけれど上下関係はほぼなく、フラットな間柄です。

 

この空気がとても心地よくて、もう会社員に戻りたくないと思ってしまいましたw

 

 

出会い

 

この場所でいろんな人達と出会いました。

一緒に講座を受けた「田舎フリーランス養成講座 9期生」のみんな(10人)をはじめ、コワーキングスペースを運営している方々、一ヶ月付きっきりでいろいろ教えてくれた講師陣とメンターの方々、移住してきてこっちでフリーランスしている人たち、数え切れないほど多かったです。

 

みんなけっこう若いのだけれど普通に海外を渡り歩いていたり、バリバリ仕事していたりとアクティブでした。

 

そんな出会にとても刺激を受けました。

 

 

目標とやっていたこと

田舎フリーランス養成講座の中では「ライティング」を頑張っていました。

当初はWebによる発信力や集客力を鍛えようと思っていましたが、文章力を伸ばすと同時にライスワークも兼ねれるのでこの一ヶ月はライティングで成果を出そうと決めました。

 

一ヶ月でクラウドソーシング経由で7万円文の売上を上げることを目標にひたすら書いて、4週間でぎりぎり達成できました。

途中でけっこう苦しくなりましたが、ちゃんと数字を出せたことは自信にもなりました。

 

 

リア充な日々

日々の勉強も頑張っていましたが、わりと遊んでもいました(-_-;)

 

みんなで毎日ワイワイご飯を食べ、

 

バスケしたりスラックラインという変わったスポーツをしたり、

 

海辺でギターを弾きながら歌ったり、

 

花火をしたりと大学生以来の青春な日々だったと思います。

 

金谷への移住

 

そんな日々がとても楽しくて、かつまだまだ勉強したいと思ったので東京から移住することにしました。

いまも「まるも」で日々みんなから刺激を受けながら仕事しています。

 

正直こっちに移住しようとは考えていなかたので、これからのことはまだ考え中ですがいろいろ楽しみです。

金谷は多くの魅力がありますがまだ楽しめてないので、いろいろ探索もしたいです。

 

 

これから

今後はライターとして活動しながらも、本業である「ハーブ屋」のほうも伸ばしていく予定です。

・・・でもしばらくはのんびり気ままに暮らしたいとも思ったり。

 

ここにいると毎日のように新しい人がやってきてはイベントも行われるので、常に旅をしているようです。

 

そんな素晴らしい場所に出会えたことに感謝しつつ、一歩づつ進んでいきます。