久々に地元に戻って感じたこと

こんにちは。

ハーブカウンセリングにお店「さなぎハーブ」を運営しています。ホダカです。

 

先月から千葉県の金谷に移住していたのですが、地元の青梅に帰省しました。
用事もあるので近いうちに戻ろうと思いつつ、仕事におされて延期になっていたので帰れて良かったです。

 

フェリー経由で4時間くらいかけて自宅へ。
青梅もあいかわらず穏やかで住みやすいなと感じます。

 

そして久々に金谷を離れたら、いろいろと思うところがありました。

 

 

 

①同じ場所に居続けるとマンネリになる

金谷はとても良いところですが、ずっと同じ場所で同じ人に会って同じ仕事をしているとマンネリ化します。

知らず知らずのうちに何だかエネルギーが奪われていることに気づきませんでした。

 

 

やっぱり風通しは大事です。心地よい環境だからとそこに居続けると、変な依存心がわいたり人間関係のしこりのようなものを感じてしまう・・・。

週に一度くらいは金谷から離れて、いろんな場所で人と交流したいです。

 

 

②ハーブの仕事をしたい

金谷ではライターの仕事を多くしています。それが軌道に乗ったら好きなハーブの仕事をしようとしていましたが、何だか欲求不満がたまっていたようです。

 

もともとお金を稼いだり数字を追うこと自体にあまり興味がないので、そればかりだと疲れてしまう・・・。

 

忙しいからと先延ばしにせずに、金谷に戻ったらハーブの仕事も復活させます。

 

たぶんそっちを頑張るからこそ、ライターでも精力的に活動できるはずです。

 

 

③強く生きねば

わりかし楽しい日々を過ごしていたからか、自分のなかでハングリー精神がちょっと抜けていました。

 

周りの人や環境が自分を変えてくれるという甘えが出てきていました。

 

自分の人生を切り拓くという気概をもって、明日から過ごしていきます。

 

 

気分はミスチルの「I`ll be」

 

 

久々に自宅の庭を手入れしながら