春になったのでハーブたちを植え替える その2|レモンバーム

こんにちは。

オーダーメイドハーブのお店「さなぎハーブ」を運営しています。ホダカです。

 

5/3(水・祝)に開催予定の料理&ハーブティーの会に向けて、内装やメニュー、お土産などを考えつつ過ごす日々です。

 

企画は準備に少し労力がいりますが、とても楽しいなと思います。

まだ3名ほど空きもあるので、よろしければ是非お越しください。

 

メニューなどの詳細⇓
https://www.facebook.com/events/302328056848266/
 

レモンバーム

昨日のレモンタイムに続いて今回は「レモンバーム」です。

レモンバーム


【シソ科】

【苗の植え付け期】・・・春季(3月~5月)、秋季(10月~11月)


【肥料】・・・春季(3月~5月)


【収穫】・・・年中可

【環境】・・・明るい場所がいいが半日陰でも可、やや湿った場所を好む

【耐寒性】・・・強い。ー5℃くらいまで耐えるので特に対策が要らない

【弱い病虫】・・・オンシツコナジラミ、うどんこ病

【利用法】・・・ハーブティー、ポプリなど

 

一番最初に育て始めたハーブのひとつで、思い入れがあります。
簡単に育てることができるので、普段はあまり園芸をされない方にもおすすめです。

 

ハーブの育て方は種類によって違いますが、基本的な育て方は通じるところがあるので、
まずはこのレモンバームやミント、タイムといったハーブから育て始めるのがいいかなと思っています。

 

とても成長力が強く他のハーブでは育ちにくい、日当たりや風の通りが弱めのところでも
非常によく育ちます。

むしろあまり放置すると生い茂って管理しにくくなるので、こまめに収穫や剪定をした方がいいです。

 

定期的に摘心(新芽を摘むこと)して、弱った葉っぱとるなどメンテナンスをまめにやると、
もりもり増えていきます。

冬場でなければ挿し木でも簡単に根づいて、無限に増やせそうなできそうな気がします。

 

病気にも強いですが、風通しが悪いとうどん粉病にかかったり、葉の先が黒くなったりしてしまいます。

 

利用法はハーブティーなど。

鎮静作用や神経の疲れを取る、発汗、消化促進などの効果あり。
妊婦さんは控えた方がよいらしいです。

 

一回ドライにもしてみましたが、レモンの風味がやや弱くなります。フレッシュでの方が爽やかなレモンの感じがよく残ります。手入れし続ければ年中収穫することもできます。

 

レモンバーム

ハーブの魅力がわかりやすい種類でもあるので、初めての方にもよくおすそわけしたりしています(^^)/

 

春になったのでハーブたちを植え替える|レモンタイム

こんにちは。


オーダーメイドハーブのお店「さなぎハーブ」を運営しています。ホダカです。

 

お店のホームページの方をアップしました。

お仕事で作成したハーブセットの内容についてです。

ハーブセット画像

詳細は右から→http://hodakaherb.xyz/works_newset/

 

レモンタイムの植え替え

 

えー、今日は先日の勉強会で学んだ「自分にあったハーブの探し方」について書こうと思ったのですがまとめきれませんでした_| ̄|○

 

ちゃんと整理して連載形式でアップしたいと思います。

 

そのため「レモンタイム」について。

レモンタイム

暖かくなって堰を切ったように植物たちが育ってきています。

 

自宅で栽培しているハーブも全般的に植え替えつつ手入れしています。

 

「タイム」も4種類そだてているのですが、そのうちの一つ「レモンタイム」です。

 

タイムはシソ科のハーブで、ローズマリーなどと並んで料理に使われることの多いハーブです。

その名前の通り甘さのある柑橘系の香りがします。

 

タイムは育てやすいものが多いですが、なかでも特に強い印象があります。

写真のようにぐんぐん育つ。

 

クッキーなどにいれてもいいので、収穫したらいろいろ使ってみようと思っています。

 

水出しハーブティー|ペパーミント

こんにちは。

オーダーメイドハーブのお店「さなぎハーブ」を運営しています。ホダカです。

 

今日はとても暖かい日でした。

庭の手入れもとてもはかどって良い感じです。

 

これでけっこう整理もできたので、新しいハーブの育成にいそしもうと思います。
ひとまずは「バジル」、「ヒソップ」、他にもいろいろと育てたいです。

 

水出しのハーブティー

先日「オレンジミントのハーブティー」をについての記事をアップしたのですが、それはお湯出しだったのですが、今回は水出しです。

 

同じくフレッシュなハーブを使うのですが、お湯出しは熱湯で3分くらいつけてさっと出すのに対して、水出しは一晩くらいかけてゆっくりと出します。

 

お湯出しよりも風味が薄くでるので、まろやかで飲みやすい口当たりになります。色も透明のままです。

 

以下作り方

 

  1. ハーブを収穫します。摘んだハーブはよく水洗いして土やほこりを払います。
  2. ティーポットの中に水といっしょにハーブを入れて、一晩くらい常温で置きます。冷蔵庫などにいれてしまうとミントの風味が移りにくくなるので常温がいいです。
  3. ハーブを取り出してできあがり!


IMG_20170415_165041

↑は出しているところ。

 

冬の間は収穫できませんでしたが、次から次へと成長しているので嬉しいです。

明日は先日の勉強会で学んだ「自分にあったハーブの探し方」について書こうと思います。
 

多肉植物の寄せ植えつくり

こんにちは

オーダーメイドハーブのお店「さなぎハーブ」を運営しています。ホダカです。

 

先日上野公園で散歩をしたのですが、桜も咲いていましたが「シャガ」もきれいに咲いていました。

 シャガ

この時期はどうしても桜に目がいきがちですが、他の野草たちも見逃さないようにしたいなと思いながら歩いています。

 

多肉植物の寄せ植えつくり

いまお仕事で「多肉植物の寄せ植え」を作っています。

多肉植物

これらが仕入れた多肉植物たちです。

 

青みがかった緑のものでまとめて、寒色系の寄せ植えをつくるつもりでいます。

インテリアとして使っていただく予定なので、器も話し合いながら決めています。

 

いいものに仕上げたいです!

 

春の野草たち


こんにちは。

オーダーメイドハーブのお店「さなぎハーブ」を運営しています。ホダカです。

 

今日は春の野草、花の写真を並べてみます。

朝晩も暖かくなって、いよいよ本格的な春だなと思います。

つくし

「つくし」

ハナニラ

「シャガ」

ハナニラ

「ハナニラ」

カラスノエンドウ

「カラスノエンドウ」

ヒメオドリコソウ

「ヒメオドリコソウ」

ホトケノザ

「ホトケノザ」

カキドオシ

「カキドオシ」

あとは野草ではないですが、、、

ジンチョウゲ

「ジンチョウゲ」

サクラ

「桜」

もっと図鑑みたいに本格的に集めて記事にするのも面白いかなと思います。

明日はフリーランスを始めて思うことについて書く予定です。 

女性の存在は場所を和平にする


こんにちは。

オーダーメイドハーブのお店「さなぎハーブ」を運営しています。ホダカです。

 

花壇にイベリスが植わっていて、その中央にヒヤシンスが鎮座しているのをみかけました。

この時期は歩いて花を探すだけで楽しいです。

 

イベリスとヒヤシンス

最近わたしのまわりで話題になっているので、「男性性」と「女性性」について考えることが多いです。


それについて昨日twitter上に女性の存在、というより女性性が職場の雰囲気にとても影響するというようなことについて連続投稿したのですが、それを一部修正したものをブログにも書いてみます。

 

女性の存在は場所を和平にする

あくまで男性目線かもしれませんが、「女性の存在は男性の精神をとても安定させる」と感じることが最近多いです。

 

もちろんケースバイケースですが、男ばかりの集団はどうにも陰気で不機嫌になりがちな傾向があるなと思います。

 

友達とかならそうでもないですが利害の絡む職場だとそれがよく表れて、男ばかりの会社だとイライラして怒号が飛んだり、愚痴や悪口があちこちで起こっているのをたまに見かけます。

 

もちろん決めつけはできませんが、女性がいるところはそういう面が少なくて安定感を感じることが多いです。

 

 

個人的な意見ではありますが、

男性は
「意識的で外で起きている実質的なこと」の調和を図るように動くのに対して、

女性は
「無意識的で内面に起きている抽象的なこと」の調和を図るように動く傾向がある

 

ように思えて、それが関係しているのではと思ったりします。

 

 

男ばかりしかいないと組織のシステム(実質的)としては機能するけれど、精神的な部分(抽象的)が置き去りにされて、何だか気持ちが不安定になっていることがあるんじゃないかと感じます。

 

逆に女性ばかりな組織だと何だか水面下のやりとりが多くなるような気がします。

 

それと外身のことがおざなりになって、極端に言えば「利益もあがってないし、毎日残業だけど仲良く楽しくやってるからいいよね」というような空気が醸し出されるようなときがあるように思います。

 

あとやや蛇足ですが、男性は何かを説明したり共有したりする能力や意思が、女性に比べて圧倒的に低いと感じます。

 

体育会系の組織だと新しい人をすごく雑に扱って「嫌ならやめろ」という感じを出して、それをどこか職人的に誇っているような雰囲気を受けるときがあります。

 

傍から見るとただの伝達努力不足ではとも見えたりしますが・・・。

 

 

そんな風に得意分野はやっぱり分かれているのかなと思ったりします。

 

これは内的なことなので、実際の性別というよりも精神的なもの「女性性」の分量が影響しているように思います。

 

男性が多くても「女性性」のある人が多ければそれほど不安定にはならないし、あとは事業の内容が「女性性」を含んでいるとそこまで乱れない気がします。

 

 

例えば「宿屋」みたいな業種はとても女性的であると思います。

 

なのでこの飛び込んでみた場所は平和かなとチェックするときには、その場に「女性性」がどれくらいあるかを考えることが多いです。

 

このへんは好みの問題ではあるのかなと思うけれど、個人的には「女性性」と「男性性」の割合が8:2くらいのところが居心地がいいと感じます。

 

見切り発車でいいかもしれない

こんにちは。

オーダーメイドハーブのお店「さなぎハーブ」を運営しています。ホダカです。

 

リンデンフラワーティー

今日は「リンデンフラワー」でハーブティーを入れました。

 DSC_0983

ちょっと薄めかもしれません(-_-;)

リンデンフラワーは仏教における三大聖木、「菩提樹」の花のことです。

 

ほんのりと甘く華やかな香りで、くせもなく飲みやすい口当たりです。

心を穏やかにさせると言われているので、リラックスタイムなどにおすすめできます。

 

ブレンドしても良さそうですが、単品で味わうのもいいかなと思います。

 

見切り発車だからこそいい

私はけっこう前のめりに仕事を始めてしまった人間です。

 

経営の勉強をして、マーケティングして、ビジネスプランを立てて、という手順をあまり踏まずに飛び込んでしまった感があります。

 

 

それを人にたしなめられることも時折ありますが、今はそれでも良かったのかなと思います。

というのも、きっとそんな段階を経ていたら途中でやりもせずにあきらめてしまったか、手堅いけれどつまらないことを仕事にしてしまっていた可能性が高いと思うからです。

 

どうやったら上手くいくのか、最短ルートはどこか、どんなリスクがあるかなどと考えるより前に「やってしまっていること」が本当にやりたいことなんではないか感じます。

 

見切り発射で始めたからこそ今いろいろありつつも、楽しく自分の「なりわい」ができているんではないか。そう思います。

 

 

とりあえず走ってみてから先のことは考えればいい。

 

もしそれが自分に合っていることなら自然と道は拓けるだろう。

と考える今日この頃です。

 

人に尽くすか、尽くされるか

こんにちは。

オーダーメイドハーブのお店「さなぎハーブ」を運営しています。ホダカです。

 

尽くすのと尽くされるのはどちらが幸せか?

今日知人と「尽くされること」と「尽くすこと」のどちらが良いか?
というようなことについて話しました。

 

これはけっこう好みに違いがあると思うのですが、どちらかと言えば私は「尽くすこと」の方に喜びを感じてしまいがちです。
男性は一般的にはこっちの方が多いのでは(友人論)。

 

 

これは自分が善人だからとかいうわけでなく、「人の役に立っている」、「自分に力がある」と感じているときに安心を覚える性質だからかなと思います。
ある意味自信のなさの裏返しとも言えるかもしれません。

 

だからか常に自分の力を行使する先を探しているような感覚があります。
「自分には何ができるんだろうか?」、「どこに行けば活かすことができるのだろう?」と問い続けているような気がします。

 

仕事を自分で立ち上げようとしているのも、そんな欲求によるところが大きいのかなと思います。

 

もちろんバランスの問題もあると思います。人に尽くすのが好きでも、尽くしっぱなしでは枯渇してしまう。

 

 

このあたりの心理的なベクトルの問題は、個人的にはけっこう大きなテーマだったりします。

 

さらっと人を愛して、さらっと人の愛を受け取ってみたいな軽やかな人にあこがれます(=゚ω゚)ノ

夕日

ムスカリとハナニラ

こんにちは。


オーダーメイドハーブのお店「さなぎハーブ」を運営しています。ホダカです。

新しくハーブのセットをお作りしました。

ハーブセット

詳細はこちらから→http://hodakaherb.xyz/works-4/

男性用はわりとめずらしかったりするのですが、楽しく作れました(‘ω’)ノ

ムスカリとハナニラ


この時期は春の花が日々咲いていくので、歩くのが楽しくなります。

ムスカリ

ムスカリ・・・ヒヤシンスに近い仲間の球根植物。独特の香りがします。ハーブとも言えるかもしれません。

ハナニラ

ハナニラ・・・家の軒先はもちろん、野原やわずかなコンクリートの隙間とかにも生えていたりします。

どちらも日本原生ではないですが、とても強いのか気候が合うのかあちこちで見られます。

とかく歩くのが嬉しい時期です(^^♪