うまくいかない歯がゆさと付き合う


こんにちは。


ハーブをオーダーメイドするお店「さなぎハーブ」を運営しています。ホダカです。

いろいろと行動して挑戦してみてはいるものの、なかなか上手くいかない。
そんなときどうされているでしょうか?

わたしもそれほど生き方が器用ではないので、人から見るとささいな壁なのかもしれないけれどつまずいてしまうことがあります。

そんなときは少しへこんでしまったりもしますが、「結果」だけを見ずにそれに至るまでの「過程」は価値があったと考えるようにしています。

あがきながら考えて身につけたもの、受け入れられなかったけれど進むべき方向性をみつけたこと、はきっと大事な財産になる。

そして苦しさも感じきれば、「もっとよい次」があるだろうと思います。

ウメ

ウメの花。この木は0.3分咲きくらい。

 沈丁花

沈丁花のつぼみ。こんな風にいつか咲くために力を蓄えているんだと思いたい。

ローズマリー軟膏
 
新しいセットの作成もしました。

できたてローズマリー軟膏。目に優しい色合いです。 

オレンジスイートとフランキンセンスのキャンドル


こんにちは。

オーダーメイドハーブのお店「さなぎハーブ」を運営しています。ホダカです。

今日は少し久しぶりにわりと予定がなくフリーな日でした。

ならゆっくりしていればいいはずなのに、つい「勉強したり、計画しなきゃ!」という考えが頭をもたげてきます。

そんな思いを感じつつも、のんびりと今日一日を過ごしていました。

私は「やらなければいけない」という思いが強くなる時は、気をつけるようにしています。

なかなか思うようにいかないとき、その不安を鎮めたいから「とにかく行動しよう!」という気になります。

でもそうやってがむしゃらに動いたときは、あまりうまくいった試しがありません(´・ω・`)

行動することはとても大事だなと思いますが、その行動を駆り立てる気持ちがなんであるのか?

不安なのか、期待なのか、危機感なのか、楽しさなのか。

それが結果にも反映してくると思うので、見張るようにしています。

ハーブオイルのキャンドル

16122689_2173251289567346_4628474109284581376_n

そんなあせる気持ちを落ち着けるために、キャンドルを使いました。

ハーブの中には気分を落ち着けてくれるものも多いです。

やり方は簡単で、火をつけたキャンドルにエッセンシャルオイルを垂らすだけです。

私は特に「フランキンセンス」の香りが好きで、 今回は「オレンジスイート」も加えました。

頭がすっきりする香りと揺れる炎の色に心が落ち着きます(^^)/
 

花の咲くとき ウメとヒヤシンス


こんにちは。

オーダーメイドハーブのお店「さなぎハーブ」を運営しています。ホダカです。

「梅」が咲き始めました。
蝋梅ではなく、ふつうのウメです。

梅

まだまだ寒い日々なのですが・・・。
今日なんて雪も降ったのですが、それでも梅が咲き始めました。

よく見ると野草にも花がちょこちょこと咲き始めています。

うちのヒヤシンスも満開となりました。

ヒヤシンス

・・・とはいっても冷凍庫かと思うくらい外は寒いんですが!(´・ω・`)

 

マルバゴムノキの赤い新芽

こんにちは。

オーダーメイドハーブのお店「さなぎハーブ」を運営しています。ホダカです。 

誰かに何かを言いたいとき、わかってほしいとき、つい前のめりに自分を出して伝えてしまうことが多かったのですが、なかなか上手くいかないことも多かったです。

内容や情熱ももちろん必要ですが、それよりも大事なことはタイミングだなと最近思います。相手に受け入れる態勢が整っているか、話してもよい雰囲気か、それは自分ではコントロールできません。
常に自分のなかで「伝えたいこと」を温めておきながら、必ずやってくる「伝えるべき時」にためらわずに伝える。そんな準備と忍耐と勇気が大切だなと思う今日この頃です。

いかがお過ごしでしょうか?

赤い新芽のゴムノキ


観葉植物としてメジャーなので育てられている方も多いと思うのですが、うちのリビングの片隅で「マルバゴムノキ」を育てています。

 ゴムノキ

クワ科フィカス属に分類され、寒さや日陰にも強めで育てやすいです。

光沢があり丸みのある葉っぱが特徴で、優しい印象があります。

この「マルバゴムノキ」なのですが、新芽は「赤い」です。

ゴムノキ 新芽

↑ こんな感じ。傷んでいるわけではありません。

今は角のようですが、時間が経つとこの赤い皮が剝がれてきて、中から新しい葉っぱが現れます。

よく見ると上の方が外れかけている。

ゴムノキ 新葉

新葉もわずかに赤いです。だんだんと真緑になっていきます。

茎がしっかりしているので、まだまだ伸びそうです。

春になったら植え替えや支柱立てをしないといけないかも(‘ω’)ノ 

林道のユキノシタ

こんにちは。

オーダーメイドハーブのお店「さなぎハーブ」を運営しています。ホダカです。

新しく お仕事を2つさせてもらいました。

 ハーブセット1
ハーブセット2

全体的な内容は「さなぎハーブ」のHPを更新しましたので、そちらをご覧になっていただけると嬉しいです。個別の詳細についても、徐々にアップしていきます。

ユキノシタ

自宅から15分ほど歩いた場所に山へとつながる林道があるのですが、子供の頃からよく遊んでいていまでもよく散歩に行っています。

16123998_1265461436825611_6756693849709477888_n(1)

この時期は鼻が凍ってしまいそうなほど空気が冷たいのですが、その冷たさで心が澄むように思います。

ユキノシタ

歩いている途中で「ユキノシタ」を見つけました。

以前にこのブログで紹介した「ヒマラヤユキノシタ」でなく、普通の「ユキノシタ」です。

細かい毛が表面に生えていて、ふさふさしています。

沢沿いにたくさん生えていました。

 

ローズマリーチンキ

ローズマリーからハーブチンキを作る方法 分量とレシピつき

こんにちは。

 

オーダーメイドハーブのお店「さなぎハーブ」を運営しています。

ホダカです。

 

今日は「ローズマリーチンキ」の作り方を紹介しようと思います。

 

ローズマリーチンキとは?

ハーブの1種「ローズマリー」から作り出した「ハーブチンキ」のことです。

そもそも『チンキ』とは・・・

 

チンキ(蘭語 tinctuur、独語 Tinktur、英語 tincture)、生薬やハーブの成分をエタノール、またはエタノールと精製水の混合液に浸すことで作られる液状の製剤

 

のことです(wikipediaより)。

 

ローズマリーは抗酸化作用があり、肌の若返り作用が期待されることからよくチンキとして利用されます。

 

 

ローズマリーチンキの材料

  • 乾燥させたローズマリー
  • 無水エタノール

の2つです。

 

 

用意するローズマリーはハーブショップなどで売っている市販の物でもよいですが、できればフレッシュなものを自宅で乾燥させて用いた方がいいです。

 

枝ごと収穫して風通しのよい場所で乾燥させると、葉っぱが簡単にしごいて落とせるので、葉っぱのみを利用します。

 

ローズマリー ドライ

 

できあがりのチンキの色の鮮やかさに格段の違いが出ます。
無水エタノールはホワイトリカーなどでも代用できます。

 

 

ホワイトリカーを使うと琥珀色っぽくなってしまうのですが、エタノールが肌に合わないという方にはおすすめです。

 

 

ローズマリーチンキの作り方

ふたの付いているビンを用意して、煮沸消毒したあとに水気を取り除きます。

 

そこに乾燥させたローズマリーとエタノールを入れていきます。

 

 

分量は様々のようですが、わたしは

ローズマリー(乾燥)1g にたいして、 無水エタノール10g の割合で作っています。

 

 

入れ終わったらふたをして2週間ほど 直射日光のあたらない場所で! 保管します。

 

 

2、3日ほどに一回軽くビンをふって、かき混ぜるとよく抽出されます。

 

できあがったらろ紙などで濾して、再びビンに入れて暗所で密閉して保管すると1年くらいは使うことができます。

 

ローズマリーチンキ

 

↑写真はエタノール漬けして1週間たったもの



すこしわかりにくいですが、鮮やかな深緑に染まります。

 

 

ローズマリーチンキの利用法

わたしがよく使うのは、バーム(軟膏)とせっけんなのですが、入浴剤などにも利用できたりと用途は幅広いです。個人的には染料などにも使えるんじゃないかと思っています。

ハーブのせっけん

 



↑写真はハーブせっけん。せっけんの素地にローズマリーチンキ、砕いたタイム、エッセンシャルオイル、はちみつを練りこんでいます。

 

↑写真はハーブバーム(軟膏)。今回作成したローズマリーチンキをワセリンになじませることで作っています。爽やかな香りと、目に優しい色合いが好評です!

 

 
ローズマリーチンキを作るときの3つの注意点

  1.  直射日光にあてない
  2.  枝などは使わず、葉っぱのみを利用する
  3.  市販の物でなくフレッシュなものを使う


日光にあてると鮮やかな色合いが損なわれます。チンキもそうですが、それを利用した制作物も直接光の当たらないところで保存してください。

 

色味のよさを追求するのであれば葉っぱのみを、それもできるだけフレッシュなものを自宅で乾燥させた方がいいものができます。

 

まとめ

ローズマリーチンキは様々なハーブアイテムの作成に使うことができとても便利です。 

多少の手間はかかりますが、興味がある方はぜひ作られると楽しいと思います。

 

吊り鉢のライムポトス

こんにちは。

オーダーメイドハーブのお店「さなぎハーブ」を運営しています。ホダカです。 

今日は本当に体が傷むんではないかというくらい寒かったです(-_-;)
こんなに寒いと何もやる気が起きなくなってしまいます。
植物たちと同じように冬眠してしまいたい・・・。

いかがお過ごしでしょうか?

ポトス

今日は観葉植物の「ポトス」の話をしたいと思います。

うちではハーブ以外にもいろいろな観葉植物を育てています。
ベンジャミン、ディフェンバキア、テーブルヤシ、ゼラニウムなどメジャーなものが多いですが、「ポトス」もそのなかの一つです。

14 ポトス

ライムポトスです。

淡いライムグリーンが光でコントラストをつくって、非常にきれいです。

ポトスはご存知の方も多いと思いますが、東南アジア原産のサトイモ科の植物です。育てやすく葉っぱもきれいなので、観葉植物として多くの場所で育てられています。

日当たりが少ない場所にも強く、風通しが悪く湿ったところでもよく育ちます。
寒さに弱いのがたまに傷ですが、それ以外の条件ではなかなか枯れないためあまり園芸になじみのない方でも簡単に育てられると思います。

つる性の植物のためアサガオみたいに支柱を立てて這わせるか、この写真のように高い位置に鉢をつり下げて垂らすようにするときれいに見えます。

以前は花屋だったこともあり、実はハーブよりも観葉植物の方が詳しい・・・いや何でもないですw
 

ハーブセットのお返しにアクセサリーをもらう

こんにちは。

オーダーメイドハーブのお店「さなぎハーブ」を運営しています。ホダカです。

今日は夕暮れがきれいでした。 

夕暮れ
 
昔からですが夕日を見ているとそれだけで幸せな気持ちになります。

何かを成し遂げなくても、ただ生きているだけで、ここまでこれただけで自分は恵まれているというような気持になります。

たぶんそんな心の余裕が新しいことをするときには大事な気がします。

幸運のアクセサリー

さて、「さなぎハーブ」ではそれぞれのお客さんに合わせて、その人だけのハーブセットをお作りしているのですが、現在はモニター中ということで基本的にはお金をもらっていません。

代わりにその方から現金ではなく、お作りするハーブセットに相当する「モノ」、「サービス」、「体験」などを受け取るというスキル交換というようなスタイルで運営しています(少なくともしばらくは)。

今回「かっこいい女性向けのじぶんギフト」というテーマでハーブセットを作成させてもらったのですが、この方がマクラメというアクセサリーを作られている方で、代わりにこちらのアクセサリーをいただきました。

ありがとうございます! 「紐石屋」→http://zam.daa.jp/chusekiya/

13 マクラメ

 カッコイイ!

こんな感じにそれぞれの石が紐で結ばれています。
「旅のお守り」の意味があるターコイズと、「金運アップ」のタイガーアイ。

 色味的にも、こめられたメッセージも自分にぴったりかなと思います。

こんな風にささやかでも自分のスキルを活かして、相手のスキルももらってwin-winの関係になる。
それってとても素晴らしいことだなと思います。
(バリバリのビジネスマンからみたら甘っちょろいのかもしれませんが)

 しばらくはこんな感じでやっていきます。

興味がある方はぜひ連絡くさい!

http://hodakaherb.xyz/form/

オーダーメイドのハーブセット

こんにちは。

オーダーメイドハーブのお店「さなぎハーブ」を運営しています。ホダカです。

新たに2つの仕事をさせてもらいました!

「かっこいい女性向けのじぶんギフト」と「お疲れ会社員のためのリラックスセット」です。

かっこいい女性向けじぶんギフト

「かっこいい女性向けのじぶんギフト」

  • ハーブティー
  • ハーブバーム
  • ハーブサシェ×2
  • ハーブ入りドライフラワーの花束
お疲れ会社員のためのリラックスセット

「お疲れ会社員のためのリラックスセット」

  • ハーブティー
  • ハーブのせっけん
  • ハーブサシェ
  • ルームスプレー
  • ハーブオイル
  • ハーブバーム(サンプル)

詳細に関してはまた個別に、ここと
http://hodakaherb.xyz/

にて紹介していきたいと思います。
 

インテリアとしてのハーブ

こんにちは。

オーダーメイドハーブのお店「さなぎハーブ」を運営しています。ホダカです。

・・・体調がよくないです。基本的には体が丈夫で、かなり無理をさせてもめったに風邪を引いたりしないんですが、毎年冬になると1週間くらいせきが出続ける期間があります。 

あまり過信をせずに休むときには休まないといけないなと考える今日この頃です。

いかがお過ごしでしょうか?

インテリアとしてのハーブ

ハーブのオーダーメイドメニューのひとつに「ハーブの寄せ植え」というものがあります。

その名の通り、お好きなハーブを鉢に植え付けた状態でお渡しするというものです。

・・・ただ育てるのはあまり自信がないという方が多いので、実際に出したことはないのですが(-_-;)

もともと花屋として勤めていた経験もあるので、植物を装飾品として「見せる」こともわりと得意です。

インテリアグリーンの管理もよくしていました。

ハーブも基本的には明るい屋外で育てるものですが、見た目がかわいらしいものも多いのでやや暗めな場所でも育つものはインテリアとしても使うことができます。

こんなふうにラッピングなどするとさらにお部屋の彩りになります。

レモンバーム

 
あまり園芸になじみがない方でもハーブの育成を楽しんでもらえるような、ワークショップやアフターケアのようなメニューも考えていけたらなと思います。