ワイルドストロベリーの株分けと植え替えの動画

 

こんにちは。

オーダーメイドハーブのお店「さなぎハーブ」を運営しています。ホダカです。

 

今日はちょっとはじめての試みで「ワイルドストロベリー」の株分けと植え替えの動画をあげてみたいと思います。

 

春になってハーブたちをいっせいに植え替えているのですが、せっかくなので動画にしたりすると誰かの参考になるのではということで撮影しました。

 

普通のスマホで撮っているのですが、よければご覧ください。

 

ワイルドストロベリーの株分けと植え替え

<準備>

あらかじめ以下の物を準備しておきます。

 

  • ワイルドストロベリー本体(動画時間を短縮するためにあらかじめ土をはらっています)
  • 植え替え用の鉢(底にネット敷き)
  • 鉢底石
  • 培養土
  • シャベル


<内容>

0:00~ 植え替え用の鉢に鉢底石を入れる


0:30~ ワイルドストロベリーの株分け(真ん中くらいから少しずつ割いていく)

3:10~ 分けた株の片方を植え付ける(培養土を少し底にいれてもいいです)

3:20~ しゃべるを使って株の周囲から培養土をいれてく

4:50~ 棒や指を使って土に隙間ができないように押し込んでいく。さらに土を足す

6:00~ あまり鉢の口ぎりぎりになりすぎないように土を入れていって完成

以上になります。

本格的にやるなら機材を揃えたり、編集を覚えたりしないとなと思います。
しかし個人で動画を撮影してアップロードするのがこれほど簡単とは・・・!とやってみると感銘を受けました。

まだまだ植え付けの時期なので、気が向いたら他のものでもやってみようと思います。

 

春になったのでハーブたちを植え替える その5|レモンバーベナ

こんにちは。 

オーダーメイドハーブのお店「さなぎハーブ」を運営しています。ホダカです。

 

レモンバーベナ

今回取り上げるのは「レモンバーベナ」です。

レモンバーベナ

【クマツヅラ科】

【苗の植え付け期】・・・春季(4月~5月)

【肥料】・・・成長が旺盛な株には初夏に追肥

【収穫】・・・4月~11月

【環境】・・・明るく風通しの良い場所、水はけのよい土壌

【耐寒性】・・・弱い。冬は室内の明るい場所で育てる

【弱い病虫】・・・ハダニ、アブラムシなど

【利用法】・・・ハーブティー、ポプリ、精油など

 

やや鋭くとがり、ガサガサした質感の葉っぱです。

最大の特徴として、葉を少しもむだけで強くレモンの香りがします。
レモンの香りがするハーブはレモンバーム、レモングラス、レモンタイムなど多くありますが、その中でも特に強く爽快な香りです。

 

ドライにしても香りが長くもつので、収穫しておくと一年中楽しめます。

寒さには弱いですが暑さには強く、ぐんぐん枝を伸ばします。

 

あまり放置すると四方に散らばって広がるので、定期的に摘心しながらまとまるように管理します。
下葉が落ちても切り戻すと新芽が生えてきます。

 

香りは強いですがくせはなく、少し加えるだけでぐっとハーブティーがおいしくなる優れものです。
鎮静効果、安眠、消化促進などの効果があります。

 

葉の付け根に虫がつきやすかったり、寒さに弱めだったりとレモンバームなどに比べると若干育てにくいですが、香りは本当に素晴らしいです。

ハーブティーが好きな方には特におすすめです

レモンバーベナ

我が家のものは冬場にハダニにやられてさびしくなってしまいました。

レモンバーベナ 新芽

しかし、新芽は元気にでてきています。

大事に育てたいです。 
 

レモンとミントのハーブティー

こんにちは。


オーダーメイドハーブのお店「さなぎハーブ」を運営しています。ホダカです。

ようやく庭の沈丁花の一番花が咲きました。だんだんと春めいていくのが嬉しいです。

■ レモンとミントのハーブティー

新しくお仕事を受けまして、そのメニューの一つである「ハーブティー」のブレンドをしました。

 ハーブティー

5種類のハーブをブレンドしています。

  • レモンバーベナ
  • レモングラス
  • レモンバーム
  • ペパーミント
  • パッションフラワー 
レモン系のハーブをメインにして飲みやすく調整しつつ、ミントの爽やかさを感じれるようにもしています。ペパーミントは入れすぎるとキシリトール感が強くなるのでw、控えめにするとバランスがいいかなと思います。

■ 今にエネルギーを注ぎたい


新年度が近づくからか、今後の抱負を最近たびたび聞かれるのですが、その度に少し困ってしまう自分がいます。

というのもあまり目標や理想がないからです。
漠然とこうなりたいなということはありますが、それほど明確に計画したりはしていません。

思えば昔からそういう将来を逆算して思い描くということがそれほど好きでなく、必要に迫られた時以外はやってきませんでした。

めんどくさい、ということも少しありますが何となく無駄に思ってしまうからです(などと言ったらきちっとした方からは怒られそうですが・・・)。

その時なにをやりたいか、何をすべきかは刻々と変わっていくものでそんなに正確には読み切れません。むしろ予定を立てることで囚われてしまったり、無駄な罪悪感を増やしてしまうような気がします。

それよりは今の生きている瞬間にエネルギーを注ぎながら、一寸先の闇を楽しんでいきたい。

そんなことを思う今日この頃です。
 

卓上のドライフラワーアレンジメント

こんにちは。


オーダーメイドハーブのお店「さなぎハーブ」を運営しています。ホダカです。

なぜだか作りたい衝動に駆られて、 卓上のアレンジメントをせっせと作りました。

リボンアレンジメント

くわしくはこちらから→ http://hodakaherb.xyz/dryflower-arrangement/

卓上なので小さい(15cmくらい)ですが、こんな風に小さく仕立てるのが好きです。

もっと自由に軽やかに、やるべきことよりも、やってて楽しいことを追い求めていきたいです。
 

吊り鉢のライムポトス

こんにちは。

オーダーメイドハーブのお店「さなぎハーブ」を運営しています。ホダカです。 

今日は本当に体が傷むんではないかというくらい寒かったです(-_-;)
こんなに寒いと何もやる気が起きなくなってしまいます。
植物たちと同じように冬眠してしまいたい・・・。

いかがお過ごしでしょうか?

ポトス

今日は観葉植物の「ポトス」の話をしたいと思います。

うちではハーブ以外にもいろいろな観葉植物を育てています。
ベンジャミン、ディフェンバキア、テーブルヤシ、ゼラニウムなどメジャーなものが多いですが、「ポトス」もそのなかの一つです。

14 ポトス

ライムポトスです。

淡いライムグリーンが光でコントラストをつくって、非常にきれいです。

ポトスはご存知の方も多いと思いますが、東南アジア原産のサトイモ科の植物です。育てやすく葉っぱもきれいなので、観葉植物として多くの場所で育てられています。

日当たりが少ない場所にも強く、風通しが悪く湿ったところでもよく育ちます。
寒さに弱いのがたまに傷ですが、それ以外の条件ではなかなか枯れないためあまり園芸になじみのない方でも簡単に育てられると思います。

つる性の植物のためアサガオみたいに支柱を立てて這わせるか、この写真のように高い位置に鉢をつり下げて垂らすようにするときれいに見えます。

以前は花屋だったこともあり、実はハーブよりも観葉植物の方が詳しい・・・いや何でもないですw
 

オーダーメイドのハーブセット

こんにちは。

オーダーメイドハーブのお店「さなぎハーブ」を運営しています。ホダカです。

新たに2つの仕事をさせてもらいました!

「かっこいい女性向けのじぶんギフト」と「お疲れ会社員のためのリラックスセット」です。

かっこいい女性向けじぶんギフト

「かっこいい女性向けのじぶんギフト」

  • ハーブティー
  • ハーブバーム
  • ハーブサシェ×2
  • ハーブ入りドライフラワーの花束
お疲れ会社員のためのリラックスセット

「お疲れ会社員のためのリラックスセット」

  • ハーブティー
  • ハーブのせっけん
  • ハーブサシェ
  • ルームスプレー
  • ハーブオイル
  • ハーブバーム(サンプル)

詳細に関してはまた個別に、ここと
http://hodakaherb.xyz/

にて紹介していきたいと思います。
 

インテリアとしてのハーブ

こんにちは。

オーダーメイドハーブのお店「さなぎハーブ」を運営しています。ホダカです。

・・・体調がよくないです。基本的には体が丈夫で、かなり無理をさせてもめったに風邪を引いたりしないんですが、毎年冬になると1週間くらいせきが出続ける期間があります。 

あまり過信をせずに休むときには休まないといけないなと考える今日この頃です。

いかがお過ごしでしょうか?

インテリアとしてのハーブ

ハーブのオーダーメイドメニューのひとつに「ハーブの寄せ植え」というものがあります。

その名の通り、お好きなハーブを鉢に植え付けた状態でお渡しするというものです。

・・・ただ育てるのはあまり自信がないという方が多いので、実際に出したことはないのですが(-_-;)

もともと花屋として勤めていた経験もあるので、植物を装飾品として「見せる」こともわりと得意です。

インテリアグリーンの管理もよくしていました。

ハーブも基本的には明るい屋外で育てるものですが、見た目がかわいらしいものも多いのでやや暗めな場所でも育つものはインテリアとしても使うことができます。

こんなふうにラッピングなどするとさらにお部屋の彩りになります。

レモンバーム

 
あまり園芸になじみがない方でもハーブの育成を楽しんでもらえるような、ワークショップやアフターケアのようなメニューも考えていけたらなと思います。

ハーブのルームスプレー


こんにちは。

オーダーメイドハーブのお店「さなぎハーブ」を運営しています。ホダカです。

「相手は何を考えているのかな?」とそんなことが気になって行動をためらってしまうことが最近多いなと感じています。でもいく推測を思いめぐらせても、相手の気持ちは相手に聞かないとわかりません。

至極あたりまえのことなんですが、いらぬ物思いにふけって足をとめ、時間を浪費したり気をもんだりしてしまうこともあります。
それよりも思い切って聞いてしまう方がいい。そんな風に思う今日この頃です。

いかがお過ごしでしょうか?

ルームスプレー


ハーブのオーダーメイドセットの新メニューとして、「ルームスプレー」の開発をしています。

お客さまの好みの香りに合わせて、エッセンシャルオイルを希釈することで作っています。

8 ルームスプレー 縮小

香水と同じくブレンドなどを考えると奥が深いのですが、基本的な成分は3つです。

材料(50mlの場合の一例)

  • 精製水 45ml
  • 無水エタノール(オイルと精製水が混ざりやすくなるように) 5ml
  • エッセンシャルオイル 15滴(0.75ml)


今回はウッド系の香りが好きということで「ヒノキ」と「サンダルウッド」を使いました。

さらに上の2種類だけだととても香りが地味なため・・・「ラベンダー」も加えています。

比率としては

ラベンダー:ヒノキ:サンダルウッドを2:2:1です。

ヒノキの森の香りにラベンダーの華やかな香りが加わって、リラックスできる香りです。

寝る前に寝室で使ってもらうことを想定して作りました。

これからも新しい配合を研究していきます(^^)/

 

神様からの贈り物|ローズマリー

こんにちは。

 

オーダーメイドハーブのお店「さなぎハーブ」を運営しています。ホダカです。

 

 

今日は新しいモニターのお客さんと国分寺で打ち合わせしていました。

初めての2人のお客さん相手に同時ヒアリングです。以前から知っている方々なので、そんなに緊張はしませんでしたが(^^)

「さなぎハーブ」のブログにも書いていますが、→http://hodakaherb.xyz/blog_2017-1-9/ 

ほんとうにお客さんと接することは勉強になります。

今日はローズマリーについて書こうと思います。

5 保育園のローズマリー 縮小

とても有名なハーブなのでご存知の方も多いでしょうが地中海沿岸原産の、シソ科のハーブです。

様々な逸話や神話にも登場する人との関わりの歴史も長いハーブです。多くの効能や利用法もあり、

「神様からの贈り物」
などと称されたりもします。

この写真のローズマリーは自宅のものでなく、近所の保育園に生えているものです。

寒さや乾燥には強く、コツを覚えれば簡単に育てることもできます。

たまに空き地に生えていたりもします。

わたしも
クッキーに入れたり、→http://hodakaherb.xyz/use_cookie_rosemary/
ハーブティーに混ぜたり、
軟膏を作ったり、→http://hodakaherb.xyz/use_cream_rosemary-2/

と様々なことに利用しています。万能のハーブだと思っています。 

 

赤く熟していくワイルドストロベリー

 
こんにちは。

オーダーメイドハーブのお店「さなぎハーブ」を運営しています。ホダカです。

ここ最近はお店を成り立たせていくために、日々いろいろと勉強したりクラフトを作ったり、ビジネスの勉強をしたりしています。そんな日々の中で意識しているのは、いま自分は「何のために」努力しているのかをチェックすることです。

「なんか上手くいかないな」、「しんどいな」というときは努力の方向性が歪んでしまっていることが多い気がします。

そのものが好きだったり、好奇心や向上心ゆえでなく、誰かに認められたい(嫌われたくない)から頑張ってしまうようになると辛くなります。
そうならないように、いま自分は健全な努力をしているかなと視点を忘れないようにしたいと思う今日この頃です。

いかがお過ごしでしょうか?

ワイルドストロベリーの赤い実

「ワイルドストロベリー」はバラ科のハーブの一つです。

小粒ですが普通のイチゴのように実がなって食べることもできます。

葉っぱもハーブティーとして利用することができ、くせがなく飲みやすいですが肝臓の機能を高めたり、体内の浄化作用が期待できます。

葉っぱの形や白い小さなかわいらしい花をつけることもあり、お気に入りのハーブの一つです。

うちでも鉢植えで育てているのですが、冬も真っ盛りのさなかですが実が熟してきました。

8 ワイルドストロベリー 縮小

こんな風に種から赤くなってきます。

実は年末にも赤く熟した実ができて、あと一息で食べられそうというタイミングで鳥にさらわれてしまいました(泣)

野生の生き物はすごくて、わずかな獲物も逃しません(-_-;)

それ以来は室内で育てています。

8 ワイルドストロベリー (2) 縮小

こちらはもうちょっと。

食べられるようになるのが楽しみです!