ハーブのワークショップを行いました

先日の11/22に今住んでいるシェアハウスにてワークショップを行いました。

自分自身も卒業生である「田舎フリーランス養成講座」の講師としてです。

かつては受講生側だったので、なかなか思い入れのふかいワークショップになりました。

 

田舎フリーランス養成講座はその名の通り「フリーランス」として独立して働くためのスキルを学びます。

基本的にはWebが中心なのですが、田舎という立地を生かしたワークショップも取り入れています。

日々の学びでちょっとお疲れの受講生向けに、ハーブを日常に活かす方法について話させていただきました。

 

内容としては

  1. ハーブについての話
  2. サシェ(香り袋)つくりワークショップ
  3. せっけんつくりワークショップ

の3部構成です。

 

いきなりワークショップにいかずにちょっと説明を挟んだのは、ハーブにあまりなじみがない人もいるかもしれないと思ったからです。

ハーブとはそもそもどんなもので、どう活用するのか?

それに加えてワークショップで使う「エッセンシャルオイル」や「ハーブチンキ」の話をしました。

 

それが終わったら本番のワークショップに入ります!

 

「サシェ」は自分の好きな香りを持ち運べる小袋のことです。

香りや集中したり、リラックスしたりできるので、気分転換に使えます。

いくつかエッセンシャルオイルを用意したので、好きな香りを選んでもらいました。

「せっけん」つくりも素地があれば自宅でも作れます。

ハーブチンキと砕いたローズマリーなどを使いつつ、型にいれて完成させました。

1週間ほど乾燥させれば使えます!できあがりが楽しみです。

 

いずれはつくり方などもレシピとして公開しようと思います!

参加してくれた方ありがとうございました!

 

12/10にイベントを行います!

12/10に千葉県の金谷にてイベントを行うことにしました!

 

前回は個人的な企画でしたが、今回は所属しているコワーキングスペースの仲間3人との合同企画になります。

その名も「オーガニックフェスティバルです」

 

それぞれの得意分野を生かしつつ、美容や健康や日々の生活に役立てる企画にしようと考えています。

 

内容についてはフェイスブックページにも書いたので、ぜひ参照してもらいたいです。

https://www.facebook.com/events/304430446723413/

 

以下イベントの詳細です。

お待ちしておりますので、お気軽にご参加ください!

 

【日時】  12/10(日)
開始 10:00
終了 16:00


【予約方法】
Facebookページの参加ボタンを押してください。
※栄養講座に関しては事前に準備が必要なため、受けることを決めている方はこちらのコメントなどでお知らせいただけると助かります。

オーガニックエステとハンドマッサージ、ロミロミマッサージに関しては予約ボードを設置しておくので、当日にお好きな時間を予約していただきます。


【場所】  「VOIDO」(保育園の隣の新しい木造の建物です)
千葉県富津市金谷2221-3
JR浜金谷駅から徒歩5分


最寄りの浜金谷駅からのルート

https://www.google.co.jp/maps/dir/浜金谷駅/〒299-1861+千葉県富津市金谷2221−3/@35.1674287,139.8207497,17z/data=!4m14!4m13!1m5!1m1!1s0x60181af1bbfb32ab:0xfc8472ca0be3da5c!2m2!1d139.822254!2d35.168132!1m5!1m1!1s0x60181af03b95740f:0xf5616e6f30f5d8fa!2m2!1d139.8231516!2d35.1667845!5i1


【会費】
オーガニックエステ(30分)1500円
ハンドマッサージ(15分) 500円
ロミロミマッサージ(30分) 1000円
ハーブ診断(15分+お土産付き) 1000円
栄養講座(サラダ付き) 1200円


【主催者プロフィール】

・太田知奈美(オーガニックエステ&ハンドマッサージ担当)
1993年7月4日生まれ、鳥取県出身。
大阪に6年すんだのち、キャリーひとつで旅する生活をしようと地方を転々とする。
2017年11月より金谷に移住。
敏感肌に悩む人たちに、自然なものだけでできた本物のオーガニックエステの良さを、もっと伝えて行きたいと思っている。


・林智世(ロミロミマッサージ担当)
1984年兵庫県生まれ
今年の2月に金谷に移住。
現在、金谷を中心にハワイアンマッサージやチーズケーキ販売など
“小商い”で生きる暮らしを実践中。


・山田穂高(ハーブ診断担当)
1987年鎌倉生まれ。
花屋でのサラリーマン生活を経て、その人に合ったハーブを見つける「ハーブ診断」という仕事をフリーで始める。
2017年の6月から金谷に移住。コワーキングスペースの片隅でハーブ屋を営みながら、もっと心に関わる仕事がしたいと模索中。禅や瞑想が好きです。


・圓岡由衣(栄養講座担当)
1992年6月10日生まれ。大阪府出身。
管理栄養士。
予防栄養を広げるためトータルヘルスカフェ【maruocafe】を運営中。
心も体も元気になる場所作りを目指して活動中。

10/14(土)に千葉県の金谷にてイベントを開催します!

こんにちは。

 

いま住んでいる千葉県の金谷にて、10/14にイベントを開催することにしました!

 

「自分に合うハーブティーを探して楽しむ会 vol.01」です!

Facebookイベントページはこちら

 

お世話になっているシェアハウスにて行います。

ご都合がつくかたはぜひお越しください!

 

イベント内容

ハーブティー

 

Facebookページに細かい詳細などは書いていますが、「Workshop」と「ティータイム」の2部構成を予定しています。

午前中はハーブに関する説明をしつつ、簡単なテストを受けてもらいながらそれぞれの体質に合ったハーブを探していきます。

 

実際にお茶もお入れするのでそれを楽しんでもらいつつ、ハーブのお菓子などをお出しします!

 

午後の2部目は午前中に見つけた相性の良いハーブを含めて、各種のハーブティーを飲み比べてもらおうと思っています。

ドライのみでなくフレッシュな生の葉っぱから出したハーブティーも入れる予定です!

 

また、とても料理の上手い同居人がお昼ご飯に「カレー」と「チーズケーキ」を作ってくれます!

それらを楽しんでもらいつつ、まったりとしてもらおうと思っています。

 

金谷の街の魅力

金谷の海と山

 

千葉県の富津市にある金谷は、海と山に囲まれたとても良い所です。

気軽に歩いていける距離に「鋸山」という観光名所があり、外国人の方もよく訪れます。

 

海産物が有名でとくに「アジフライ」は美味しいです。

 

コワーキングスペースの「まるも」を中心に会社から独立してフリーランスとして働いたり、起業している若い人が多くとても面白い場所です。

 

イベントは今後も継続していく予定ですが、金谷とてもオープンで誰でも歓迎という雰囲気があります。

新しい働き方を探している人にもおすすめです!

 

麗しき田舎フリーランス養成講座の日々 2017年6月

 

こんにちは。

ハーブカウンセリングのお店「さなぎハーブ」を運営しています。ホダカです。

 

ブログの更新がものすごく久しぶりになってしまいました。

実質一ヶ月ぶりくらいでしょうか。

 

6月は田舎フリーランス養成講座に一ヶ月参加していました。

その日々について綴ろうと思います。

 

 

田舎フリーランス養成講座について

千葉県の金谷にて行われている、フリーランスとして活動するための様々なノウハウを勉強する講座です。

およそ1か月(4週間)合宿形式で泊まり込んで勉強し続けます。

公式ホームページ:http://inaka-freelance.jp/

 

フリーランスとして活動する中でもっと多くのことを学びたいなと思い参加しました。

 

 

コワーキングスペース「まるも」

 

この田舎フリーランス養成講座(通称いなフリ)の舞台になったのがコワーキングスペース「まるも」です。

ここでメンターという担当者がつき、自分の目標を定めながら勉強を進めていきます。

 

何が良かったかと言えばここがとんでもなく居心地がよかったです。

みんなノリもよいのだけどへんな「同調圧力」のようなものもなくて、一人でいてもみんなでいても自然体でいられました。

 

人によっては驚くほど稼いでいるけれど上下関係はほぼなく、フラットな間柄です。

 

この空気がとても心地よくて、もう会社員に戻りたくないと思ってしまいましたw

 

 

出会い

 

この場所でいろんな人達と出会いました。

一緒に講座を受けた「田舎フリーランス養成講座 9期生」のみんな(10人)をはじめ、コワーキングスペースを運営している方々、一ヶ月付きっきりでいろいろ教えてくれた講師陣とメンターの方々、移住してきてこっちでフリーランスしている人たち、数え切れないほど多かったです。

 

みんなけっこう若いのだけれど普通に海外を渡り歩いていたり、バリバリ仕事していたりとアクティブでした。

 

そんな出会にとても刺激を受けました。

 

 

目標とやっていたこと

田舎フリーランス養成講座の中では「ライティング」を頑張っていました。

当初はWebによる発信力や集客力を鍛えようと思っていましたが、文章力を伸ばすと同時にライスワークも兼ねれるのでこの一ヶ月はライティングで成果を出そうと決めました。

 

一ヶ月でクラウドソーシング経由で7万円文の売上を上げることを目標にひたすら書いて、4週間でぎりぎり達成できました。

途中でけっこう苦しくなりましたが、ちゃんと数字を出せたことは自信にもなりました。

 

 

リア充な日々

日々の勉強も頑張っていましたが、わりと遊んでもいました(-_-;)

 

みんなで毎日ワイワイご飯を食べ、

 

バスケしたりスラックラインという変わったスポーツをしたり、

 

海辺でギターを弾きながら歌ったり、

 

花火をしたりと大学生以来の青春な日々だったと思います。

 

金谷への移住

 

そんな日々がとても楽しくて、かつまだまだ勉強したいと思ったので東京から移住することにしました。

いまも「まるも」で日々みんなから刺激を受けながら仕事しています。

 

正直こっちに移住しようとは考えていなかたので、これからのことはまだ考え中ですがいろいろ楽しみです。

金谷は多くの魅力がありますがまだ楽しめてないので、いろいろ探索もしたいです。

 

 

これから

今後はライターとして活動しながらも、本業である「ハーブ屋」のほうも伸ばしていく予定です。

・・・でもしばらくはのんびり気ままに暮らしたいとも思ったり。

 

ここにいると毎日のように新しい人がやってきてはイベントも行われるので、常に旅をしているようです。

 

そんな素晴らしい場所に出会えたことに感謝しつつ、一歩づつ進んでいきます。

 

 

クルクマ

自分の価値を自分で下げてしまわないように

 

こんにちは。

ハーブカウンセリングのお店「さなぎハーブ」を運営しています。ホダカです。

 

「田舎フリーランス養成講座」に参加するために千葉県の金谷に来ています。

 

金谷は海も山も近い、自然の豊かなよい街です。

今は新緑の時期でもあり、山がとてもいきいきしています。

 

 

クルクマ

 

クルクマが咲いていました。

淡いピンクが可憐な色合いです。

 

 

親子丼

 

夕飯は受講生のみんなで作って食べています。

冗談みたいな量の親子丼。

 

 

 自由で厳しいフリーランスの道

 

日々新しいことを学び、吸収してはアウトプットをしてという濃密な時間を過ごしています。

 

フリーランスは文字通り自由な身です。

いつどこで何をするのも自分次第です。

 

 

ですが自由すぎるがゆえに、自分で生きる上でのモノサシを持ちあわせていないと曖昧なまま日々が流れていってしまいます。

 

会社に勤めていた頃は自分ができているのかできていないのかの基準がはっきりあり、やった行動に即時評価が下されました。

 

 

いま振り返るとそういう環境は窮屈でありつつも、楽で守られていたのだなと強く感じます。

 

 

 自分の価値を安く見積もってしまっているのは「自分自身」

 

ひとたびフリーランスの世界に飛び出ると、わからないことだらけでふと不安になることもあります。

 

できないことも勿論あって、つい自虐的な気分になることもありますが、それってよく考えると自分で自分を痛めつけているだけな気がします。

 

他人や社会から低い評価を押し付けられているわけではない。

 

金谷の海

 

「できない自分はダメだな」と卑屈になったり、「〇〇だから仕方がない」と何かのせいにせずに、良いとも悪いとも判断せずにただ「できない」という現実を直視すること。

 

それが自分で自分を苦しめる負のスパイラルから解放して、次に進むためのエネルギーになるのではないかなとこの日々のなかで感じています。

 

それでは!

 

島と雲

目の前の人と繋がることで、遠く果ての人と繋がる

こんにちは。

オーダーメイドハーブのお店「さなぎハーブ」を運営しています。

ホダカです。

 

 

今日は何だかやたらと眠い日でした。

 

 

疲労とか季節に関係なく、そんな日がときおり訪れます。

 

意識の外で体は何かを感じ取っているのかなと思います。

 

 

 人の気持ちになって考えることは難しい

少し前の話ですが、私と同じくフリーランスでも活動されている方が「お客様目線にたてない」というぼやきをされているのを聞きました。

 

どうもその方はどちらかといえば「少数派」の意見に共感してしまうことが多く、自分が良いと思った方向に進むとちょっとおかしいことになってしまい、どうしたものかと悩まれていましたようです
(こういうサービスを始めようかと思って人に相談したら、いやそれを求めているのはごく一部だけだからと突っ込まれるなど)。

 

 

他人の気持ちになって考えるとは、耳にタコができるくらい聞かされてきましたが、それを実践するのはやはり難しいです。

 

 

それくらい人は主観から逃れられないのだなと思います。

 

 

 漠然としたものでなく、具体的なものに寄り添う

そもそも「他人(お客様)」とはいったい何なのか?と思ったりします。

 

 

たんにそういう言葉を使う時何となくイメージするのは、顔もなく、人格もなく、存在しないけれどだいたい「多数派」が感じていることを感じて、一般的な意見をもつ影のようなものでないかなと思います。

 

 

そういう架空のものを想定してその立場に立つことは難しいです。
・・・いやむしろ不可能だとすら感じます(マーケティングなどを専門的に学んだわけではないので、訓練によってはできるのかもしれませんが)。

 

 

ただお客さんの目線にたつことは、仕事をするうえではほぼ必須です。

 

そのためどうするかを考えたのですが、私の場合はそういった漠然としたものに思いをめぐらすよりも、目の前の具体的な相手とのやりとりのなかでチューニングしていこうと思うようになりました。

 

 

 目の前の人と繋がることで、遠く果ての人と繋がる

想像力でカバーできないのならば聞くしかないということです。

 

ですが結局は一番の望みや答えは目の前の人のなかにあるので、それでいいのかなと思っています。

 

 

そしてそれは巡り巡って、多くの人の気持ちを理解することに繋がるような気がしてきました。

 

 

これは私の感覚の話なので一般論ではないかもしれませんが、人はそれぞれ確かに違うんですがだいたいの部分は「共通」しているものだと感じます。

 

だからこそ同じように映画を見て笑い、恋愛に悩み、風景を見て感動し、それに共感できるのだと思います。

 

 

私を含めて多くの人は特別ではないので、自分と目の前の相手が感じていること、考えていることは世の中の何万人も同じように感じていて、考えているみたいな変な確信があります。

 

そのため今目の前の人と真剣にやりとりすれば、その遠く奥にいる何万と同じ目線にたって考えるに等しいのではないかなと思います。

 

 

手作りの小さな仕事を手掛けているからこそ、そんな目線を大切にしていきたいと思っています。

 

 

それでは!

 

島と雲

「選ばれる人」は実は「選んでいる人」なんでないかと感じる

こんにちは。

オーダーメイドハーブのお店「さなぎハーブ」を運営しています。

ホダカです。

 

マーガレット

 

マーガレットが近所にあちこち咲いています。

 

マーガレット

可愛らしくもありますが、けっこうしっかりと凛とした表情でいるのがいいなと思います。

 

 

 人から「選ばれる」ための努力

「どうやったら自分を選んでもらえるのか?」

 

フリーランスをはじめて以来ずっと考えていることです。

 

 

仕事である以上お客さんありきのことなので、日々自問自答しながら進んできたなと思います。

 

正直なところ私よりもずっと人を集めたり、影響力がある人がうらやましく、どうしてこの差はあるのだろうと歯噛みする思いも何度かありました。

 

 

あれをこうしたらいいんではないかとか、ここはこうすればいいのかとか。

 
その個別の工夫や試行錯誤はそれぞれ意味があり、その積み重ねで少しづつでもこの仕事も成長していっているなと感じています。

 

 

・・・しかし、その「選ばれる」ための努力だけをしているとだんだんと疲弊していきました。

 

なかなかに分の悪い戦いになってしまうからです。

 

 

 

 選ばれることばかりを考えると消耗する

とうぜん他人はコントロールできないわけですから、「人から選ばれたい」と思っても思い通りにはいかないこともよくあります。

 

 

というより凡人である私では敗戦することもよくあり、あきらかに叶った数よりも成就しなかった数の方が多いです(もちろんそれだけに上手くいったときは嬉しさもひとしおなのですが)。

 

 

そんなもんだろと思われる方もいるかもしれませんが、これってあまり長期化すると精神衛生上よくないと思うんですよね・・・。

 

はっきりいってしまって「選ばれなかった」という経験は、多少なりとも「自己否定」へと繋がっていってしまうことがあります。

 

 

そのせいで卑屈さや負け癖がついてしまうのは非常にまずい。

 

ずるずると負のスパイラルに突入していってしまう気がします。

 

 

 

 「選ばれる」のでなく「選ぶ」姿勢

だからこそ、たとえこちらがサービスを提供する側でも、どこかこちらから「選ぶ」姿勢を残しておきたいと考えています。

 

 

喜ばせたいというお客さんを自ら選んでいくとか、いっしょに仕事をする仲間をつくるとか。

 

高飛車な考えかもしれませんが、変に下手にでて選んでもらうよりもよい仕事ができるのではと思っています。

 

 

それによく人から選ばれている(好かれている)ように見える人って、よくよく見てみると「選ばれている」のでなく「選んでいる」んだなと気づきました。

 

 

選んでもらうのを待つのでなく、いろいろ仕掛けながらこのお店も成長させていきたいです。

 

 

それでは!

 

島と雲

「田舎フリーランス養成講座」にいくことにしました

こんにちは。

オーダーメイドハーブのお店「さなぎハーブ」を運営しています。ホダカです。

 

 

来週の5/29(月)から「田舎フリーランス養成講座」at 金谷(千葉県)に行くことにしました。
http://inaka-freelance.jp/
 

 

一か月ほど滞在しながらフリーランスの勉強する予定です。

 

千葉県の金谷は山も海も近いとても良いところです。

 

金谷の海と山

まがりなりにもフリーランスで仕事をはじめて5ヵ月くらいが経ちました

 

思っていたよりも楽しく、意外にできたと思うこともあり始めて良かったと思うのですが、、、正直まだぜんぜん実力が足りないと思い知らされる日々でもあったなと思います。

 

 

その穴を埋めるためにwebでの発信力をつけること、ネットでのビジネスを学ぶことを中心にハーブ関係のことも勉強して、この「さなぎハーブ」というお店をブラッシュアップしていこうと思います。

 

 

滞在中は勉強もそうですが、人生の「禊」のような期間にしようと思うのでこのブログを含めてかなり更新頻度が増すと思います。

 

向こうに行ってもお仕事も可能な限り受け続けたいので、よろしくお願いします!

 

 

勉強にいくわけですが、何よりも新しい環境を楽しみたいです。

 

 

そんな人生を楽しむ態度が仕事へも繋がっていくのではと思います。

 

 

それでは!

 

島と雲

~戒~ ブログを書くときに決めていること

こんにちは。

オーダーメイドハーブのお店「さなぎハーブ」を運営しています。

ホダカです。

 

 

 ブログを書くことを整理する

このブログ「ハーブたちとの小さな生活」をはじめて4か月半くらい経ちます。

 

途中でいろいろあって更新が止まったりしましたが、ここ一か月以上は毎日アップしています。

 

 

どうしようかと探りながら進めてきましたが、ここでいったんこのブログの方向性を整理しようかなと思い付き、自信の覚書のためにも記事として上げてみることにしました。

 

 

ブログを書くときの三戒

そこまで厳格に定めているわけではありませんが、以下の3つ(三戒)を守りながら今後も更新していこうと思います。

 

戒、などという言葉を使っているのは趣味ですw

 

 

一、記事は基本的に3つのカテゴリに絞る

 

  1. ハーブ関係(ハーブの育成記録や応用法など。少し派生して、観葉植物や昆虫や野草なども含みますがあくまで自然からは出ません。)
  2. エッセイ(パーソナルな心境を告白的に綴ったもの。ただ漠然としているので、禅やセラピー的なことを多く書きたいとは思っています)
  3. フリーランス日誌(仕事の記録やフリーランスとしての軌跡)

 


二、やらないようにすること

 

  1. 時事ネタ、ゴシップ、社会問題などは基本的には書かない(そもそも疎いので書けない)
  2. 写真やイラストはネットから引っ張ることは極力しない(手作り感や個人の視点を大事にしたい)
  3. 引用はしても誰かの記事に便乗したり、批評することは書かない(批評も大事ですが、私はけっこう理性的で分析的なことを書くのが苦手なので、他の人に任せる)


三、継続する

  • ささいなことでいいので、継続させることを大事にします。一度途絶えさせてしまうと、再開するのにとても腰が重くなるので短くても基本的には毎日書くようにします。

 

以上の3つです。

 

またやりながら修正していきますが、しばらくはこの三戒を守っていこうと思います。

 

 

アートセラピー

アートセラピーのようなことをハーブでもできないだろうか

こんにちは。

 

オーダーメイドハーブのお店「さなぎハーブ」を運営しています。

ホダカです。

 

クレマチスが見事に咲きました。

クレマチス

 

大輪の花がモッコウバラに絡みつくようで艶やかです。

 

 

 

 アートセラピーを受けてみる

昨日川越市の東洋大学で行われた講座に参加してきました。

 

 

「アートセラピー:芸術がもたらす癒しとコミュニケーション」といいます。

 

今回は連続講座の第一回で「コラージュ療法」というものをやったのですが、これがとても面白かったです!

 

 

内容としては広告や雑誌などを、紙に自由に切り貼りしていくだけでまるで子供の遊びのようですが、没頭してしまいました。

 

 

アートセラピー

 

 

これが作成したもの。

 

 

何となく立体的にしてしまいましたが、基本的には平面にぺたぺた貼ります。

 

セラピーという目的もあるので、この制作物から作成者の心理を解釈したりもするらしいですが、、、それよりもこの作業そのものに効果があるようです。

 

 

確かに黙々とやっていると心が静まっていくようで、とても心地よい時間でした。

 

 

セラピー的に解釈を加えるならば、この張り付けていく台紙を「内面を投影する場」と考えて、素材の選び方や配置をみるようです。

 

  • 台紙の左が「過去」、右が「未来」。上が「理想」、下が「現実」をほのめかす
  • 大きな切り抜きを使う人は内面のエネルギーや好奇心が高まっている
  • 水の絵は心の状態を移しやすい
  • 貼るために切ったけれど使わないものは、心にひっかかっているものを示す
  • 小さな切り抜きを多用する人は繊細 etc


など読み方はいくつかあるそうです。

 

 

ただ講師の方も繰り返してましたが、「解釈」よりも「体験」に意味があるとのことでした。

 

 

ひじょうに興味深いなーと思います。

 

 

「園芸療法」に惹かれるものがある自分としても、ハーブでなにか応用できないかなとか考えてしまいます。

 

 

それでは!