島と雲

鏡である自分は決して傷つかない、ただ映すだけ

こんにちは。

 

オーダーメイドハーブのお店「さなぎハーブ」を運営しています。

ホダカです。

 

今日はまた座禅を組みにお寺にいっていました。

海が近くにあるお寺なので、向かう前に浜辺で軽食をとろうと思っていたら、なんとトンビにハムカツをさらわれました。

 

完全に想定外のことなのでビックリです。
今度からは空にも気を配らねばなといい教訓になりました(-_-;)

 

 「鏡」である私はただ映すだけ

 

今日学んだことについて、書き留めておこうと思います。

 

「禅」については今後も精力的に続けていくので、できるだけ記事にしていこうと考えています。

 

ただ体験することが重要であり、自身も初学者なのでまさしく「如是我聞」(私はこう聞いたよ)という感じになってしまうかもしれませんが。

 

 

「意識」の仕組みについてのお話でした。

 

これは例えであるのですが、私のことを滝つぼの近くにある「鏡」と置き換えたとします。

 

意識とは次々と落ちては流れていく膨大な水(感覚が捉える情報や、思考)が、私という鏡に映るようなものであるらしいです。

 

それはものすごいスピードで移り変わっていくので、今映ったものも一瞬後には過去になって影も残らずに消えてしまいます。

 

 

なのにたった一瞬だけ映ったネガティブなものに、むやみに執着してしまうようなところが私たちにはあるそうです。

 

「あの人があんなこと言った」とか。

「失敗してしまった、これからどうなるだろう」とか。

 

けれどそれは膨大なもののなかの一つでしかない。
例えば心地よい風が肌を撫でるような感覚と同じでしかない。

 

 

たとえ誰かから批判されても、

もし自分のことをダメだと否定してしまっても、

 

それは単に束の間に「鏡」に映ったに過ぎない。

 

 

またどれほど汚いものが映ろうと、きれいなものが映ろうと、「鏡」そのものは決して傷つかない。

 

ただ変わらずにそこにあって、流れては現れるものをただ映すだけ。

 

 

だから本当の自分(鏡)はどんなことがあろうと傷つくことがない
(逆に言えば、どれほど誰かから褒められようと、自信に満ちようと、それが自分を磨くことにはならない) 

 

そんなお話でした。

 

 

それでは!

 

島と雲

心の曇りを拭ってくれる存在


こんにちは。

 

オーダーメイドハーブのお店「さなぎハーブ」を運営しています。

ホダカです。

 

 

今日は鎌倉のお寺で座禅を組んでいました。

 

やることはただ座って感覚を観察するだけですが、とても良いです。

 

 

普段の生活ではジャンクで過多な情報の中に埋もれているので、それらを断って自分の内面に向き合う時間は貴重だなと思います。

 

こればかりはいくら説明するよりも体験するしかないのですが、ぜひ多くの方にやってもらいたいです。

 

 

 心の曇りを拭ってくれる存在

内面を明晰にしていくためには、こうやって禅を組むなどもいいと思いますが、誰といっしょにいるかも大切だと感じます。

 

 

人と人は鏡映しなどとも言いますが、良くも悪くも人は人の影響を受けます。

 

 

都合の良いことを言ってくれるとは別の、いっしょにいることでわくわくしたり、エネルギーをもらえるような人といっしょにいる。

 

 

そんな人を図々しくこちらから「選んでいく」ことが、心の曇りを拭って気持ちよく生きれることにつながっていくのではないかなと思います。

 

 

それでは!

 

アートセラピー

アートセラピーのようなことをハーブでもできないだろうか

こんにちは。

 

オーダーメイドハーブのお店「さなぎハーブ」を運営しています。

ホダカです。

 

クレマチスが見事に咲きました。

クレマチス

 

大輪の花がモッコウバラに絡みつくようで艶やかです。

 

 

 

 アートセラピーを受けてみる

昨日川越市の東洋大学で行われた講座に参加してきました。

 

 

「アートセラピー:芸術がもたらす癒しとコミュニケーション」といいます。

 

今回は連続講座の第一回で「コラージュ療法」というものをやったのですが、これがとても面白かったです!

 

 

内容としては広告や雑誌などを、紙に自由に切り貼りしていくだけでまるで子供の遊びのようですが、没頭してしまいました。

 

 

アートセラピー

 

 

これが作成したもの。

 

 

何となく立体的にしてしまいましたが、基本的には平面にぺたぺた貼ります。

 

セラピーという目的もあるので、この制作物から作成者の心理を解釈したりもするらしいですが、、、それよりもこの作業そのものに効果があるようです。

 

 

確かに黙々とやっていると心が静まっていくようで、とても心地よい時間でした。

 

 

セラピー的に解釈を加えるならば、この張り付けていく台紙を「内面を投影する場」と考えて、素材の選び方や配置をみるようです。

 

  • 台紙の左が「過去」、右が「未来」。上が「理想」、下が「現実」をほのめかす
  • 大きな切り抜きを使う人は内面のエネルギーや好奇心が高まっている
  • 水の絵は心の状態を移しやすい
  • 貼るために切ったけれど使わないものは、心にひっかかっているものを示す
  • 小さな切り抜きを多用する人は繊細 etc


など読み方はいくつかあるそうです。

 

 

ただ講師の方も繰り返してましたが、「解釈」よりも「体験」に意味があるとのことでした。

 

 

ひじょうに興味深いなーと思います。

 

 

「園芸療法」に惹かれるものがある自分としても、ハーブでなにか応用できないかなとか考えてしまいます。

 

 

それでは!